オーストラリア留学・移住のおすすめ情報!

日本からの人気留学先・移住先のひとつがオーストラリアです。日本人好みの気候で、観光地もたくさんあり、留学先・移住先に選ぶ方が多いです。オーストラリアへの留学・移住を目指すとなれば、知っておきたいのがIELTSの必要スコアや現地情報だと思います。そこで今回は、オーストラリア留学・移住に必要なIELTSスコアや現地情報を紹介していきます。

オーストラリア留学・移住とIELTSスコア

留学に必要なIELTSスコア

オーストラリアへ留学する場合、必要なIELTSスコアは教育機関によって異なります。そのため、自分が希望する教育機関が要求しているIELTSを事前にリサーチしておくことがおすすめです。IELTSの必須スコアを把握することで、そこを目指した勉強をすることができます。大まかな教育機関別の必須スコアは以下の通りとなっているので、参考にしてみてください。

専門学校

専門学校で要求されるIELTSスコアは、5.0~5.5が一般的です。ただし、入学時の英語能力を判定する基準として、IELTSスコアを求めない専門学校もあります。まずは、希望する専門学校がIELTSスコアを求めているのかをチェックしましょう。

大学

大学で要求されるIELTSスコアは、6.0~7.0が一般的です。大学で学ぶ場合には、IELTSスコアは必須になります。また、大学によって求められるIELTSスコアが違うだけでなく、同じ大学でも学部が違うと求められるIELTSスコアが違うケースがあります。そのため、希望する学部・コースの必須IELTSスコアをチェックするようにしましょう。

大学院

大学院で要求されるIELTSスコアは、6.5~7.5が一般的です。大学院になると、より高度な英語力が求められるようになります。ほとんどの大学院は、IELTSスコア6.5で問題ないのですが、特定の大学・学科だとIELTSスコア7.0が求められるので注意してください。

移住に必要なIELTSスコア

オーストラリアに移住する場合、IELTSスコアが必須です。オーストラリアで永住権を取得するためには、各セクションにて6.0以上のスコアが必要となっています。また、専門職業によって求められるスコアは異なっており、専門性が高い職業については、7.0以上のスコアが求められます。オーストラリアへ移住・定住を考えているなら、最低でもIELTSスコア6.0以上を取られるように勉強しておきたいですね。

オーストラリア留学・移住のメリット

留学するメリット

オーストラリアに留学するメリットは、まず治安が良いことが挙げられます。オーストラリアは、欧米諸国に比べて銃規制が厳しいです。そのため、銃を使用した事件が少なく、治安が良いため安心して留学することができます。

また、オーストラリアは多様性を受け入れる文化のため、留学生を温かく受け入れてくれるメリットがあります。実は、オーストラリアは世界約140カ国からの移民を受け入れており、多文化・多民族国家です。そのため、留学生に対して偏見もなく、スムーズに留学生活を送ることができます。

移住するメリット

オーストラリアに移住するメリットは、人目を気にしなくていいことです。留学するメリットで紹介したように、オーストラリアは多様性を受け入れる国です。そのため、人目を気にせず、自分らしく過ごすことができます。

自然と都市の両面を満喫できるのも、オーストラリアに移住するメリットです。グレートバリアリーフやエアーズロックのような自然豊かな場所がある一方、シドニーやメルボルンのような大都会もあります。大自然と大都会を楽しめるオーストラリアだから、移住に人気の国となっているのです。

オーストラリアで人気の都市情報!

シドニー

オーストラリアでよく知られている都市のひとつがシドニーです。シドニーは、世界各国から観光客や留学生が集まります。仕事がたくさんあるため、移住先としてもピッタリです。また、日系企業や日本食レストランなどが数多くあるため、生活しやすい環境と言えます。

ちなみに、シドニーは都会のイメージが強いと思いますが、中心地から少し移動すれば豊かな自然があります。数多くのビーチがあるため、海が好きな方におすすめです。都会と海の両方を満喫しながら生活することができます。

メルボルン

メルボルンは、オーストラリアで2番目に大きい都市であり、留学先・移住先としても人気があります。教育機関が多くあるため、留学を希望している方としては、選択肢が多くあります。また、シドニーと同じく、仕事の募集量が多い都市となっているため、移住先としても選ばれやすいのです。

また、メルボルンは「世界で最も暮らしやすい都市ランキング」で常に上位をキープしており、何度も1位になったこともあります。それほど、メルボルンでは生活しやすいのです。ちなみに、メルボルンはカフェ文化で有名です。コーヒーが好きな方にとっては、まるで天国のような都市となっています。

ケアンズ

世界遺産のグレートバリアリーフで有名な都市がケアンズです。観光地として有名ですが、留学先・移住先としても人気があります。比較的小さな都市なのですが、温暖な気候という土地柄もあり、留学先として選ばれやすいです。

グレートバリアリーフがあることからわかるように、ダイビングが盛んな土地となっています。そのため、ダイビングを求めて移住する方も多いです。日本人も多く訪れるため、生活しやすい都市と言えるでしょう。

オーストラリア留学・移住の情報まとめ

今回は、オーストラリア留学・移住情報を紹介してきました。オーストラリアは留学先・移住先として人気の理由は、「治安の良さ」「多様性を受け入れる文化」などが挙げられます。とても生活しやすい環境であり、留学先・移住先としておすすめです。

オーストラリア留学・移住には、基本的にIELTSスコアが求められます。必要になるIELTSスコアを把握し、そこを目標にして勉強することが大切です。オーストラリア留学・移住するためにも、情報を集めてIELTS対策をしましょう。

IELTSと英検のレベル比較!

英検は受けたことがあるけど、IELTSは初めて。。。という方も多いのではないでしょうか。日本で英検は、馴染み深い英検能力試験となっています。英検1級・準1級などを持っている方としては、IELTSのスコアに換算するとどれくらいなのか気になるのではないでしょうか。そこで今回は、IELTSと英検のレベルの比較を中心に紹介していきます。

IELTSと英検のレベルを比較!

スコアを換算してレベルを比較

IELTSと英検のレベルを比較するためには、スコアを換算するのが一番です。ただし、IELTSのテストスコア換算は、公式に発表されたものがありません。そのため、スコア換算からレベルを比較する場合、あくまでも参考程度にとどめておきましょう。IELTSと英検のスコア換算は以下の通りとなっています。

IELTS 7.0=英検1級    IELTS 3.0=英検3級
IELTS 6.0=英検準1級   IELTS 2.0=英検4級
IELTS 5.0=英検2級    IELTS 1.5=英検5級
IELTS 4.0=英検準2級

もちろん、英検1級を持っているからといって、確実にIELTSのスコア7.0を取れるわけではありません。全く性格の違う試験ですから、IELTSのスコア取得のためにはIELTSの対策が必要です。あくまでも参考程度にしてIELTSの試験対策をするようにしましょう。

IELTSと英検の特徴を比較!

IELTSと英検のレベルを比較したところで、それぞれの特徴についても紹介しておきたいと思います。

IELTSは主に、留学や移住をするために必要となります。イギリスを中心に、オーストラリアやアメリカなど多くの国・地域で英語力を証明するテストとして認められています。

一方、英検は日本で使用する英語能力テストとなっています。日本の教育機関の多くが英検を採用しており、英検に合格することで、入学試験・単位取得などで有利になるのです。ただし、海外に留学・移住する場合、英検は役に立ちません。一応アメリカを中心に、英検も留学に必要な英語力を証明するテストとして一部の教育機関(大学や語学学校など)で認められています。しかし、IELTSやTOEFLに比べれば、圧倒的に少ないのが現状です。そのため、海外志向がある方は、英検よりもIELTSやTOEFLなどを受験するのがおすすめです。

IELTSと英検の試験レベルを比較!

試験のレベル比較は意味がない?

実は、IELTSと英検の試験のレベルを比較するのはあまり意味がないといえましょう。

英検は受験する級位によって難易度が分かれています。3級までは比較的に優しく、中高生や初心者でも受けやすいです。しかし、英語力として認められるのは準2級からとなっており、他の英語試験に比べると実践よりも知識(文法・語彙)に偏っている傾向があります。

一方、IELTSはレベル別に分かれた試験ではありません。どのレベルの受験者も、同じ試験を受けなくてはなりません。ハイレベルの受験者にとっても、ある程度難易度の高い問題を出題する必要があるため、初心者や中高生には大変難しく感じることでしょう。また、どの科目も実際に使える英語を採点基準とした実践的な内容となっています。

このように、英検とIELTSの試験には大きな違いがあります。そのため、一概に英検とIELTSの試験レベルを比べることはできず、比較しても自分のスコアや級位がわかるわけではないのですね。なんとなくの目安として受け止め、必要な試験対策を頑張りましょう!

IELTSと英検のレベルまとめ

今回は、IELTSと英検のレベルについて紹介してきました。IELTSと英検のレベルを比較するときには、スコアを換算してみるのが一番です。ただし、スコアの換算について公式に発表されているわけではないので、あくまで参考にする程度にしておきましょう。また、IELTSと英検では、主な目的や試験に違いがあります。IELTSと英検の試験自体のレベルを比較するのはナンセンスです。IELTSはレベル別の試験ではなく、英検は受験する級位によって難易度が分かれています。そのため、一概に試験レベルを比較することはできないのです。いずれにしても、ELTSを受験するときには、万全な準備をして受験するようにしましょう。