• これからIELTSを始めるにあたって、いまどのくらいのスコアか知りたい
  • 過去の別の英語の試験結果からIELTSのおおよその実力を知りたい

こういった疑問にお答えします。

この記事を書いている筆者は、IELTS講師歴6年。
IELTS 8.5を保有(過去5回の試験でいずれも全科目7.0以上を達成)しています。

筆者のプロフィール

他の英語の試験結果からのIELTSへのスコア換算

他の英語の試験結果から、[おおよそのIELTSへのスコアを推測]することができます。

これからIELTSの勉強を始める人にとって、いまのおおよそのスコアがどのくらいかを把握することは、目標達成までにどのくらいの期間がかかりそうかを予測する上で役立ちます。

ただし、当然ながらそれぞれのテストで科目や試験の実施方法が異なるため、あくまで参考スコアと考えておきましょう。

IELTSスコア達成までの期間って平均どのくらい?

英検・TOEIC・TOEFL・PTEから換算するIELTSスコア早見表

IELTS 英検 TOEIC TOEFL PTE
9.0 120 86-90
8.5 119 83-85
8.0 113-118 79-82
7.5 110-116 73-78
7.0 1級 870-990 100-109 65-72
6.5 準1級 820-869 90-99 58-64
6.0 準1級 750-819 80-89 50-57
5.5 2級 600-749 70-79 42-49
5.0 2級 550-599 60-69 36-41
4.5 準2級 500-549 52-59 30-35
4.0 準2級 450-499 45-51
3.5 3級 300-449 33-44
3.0 3級 290-299 29-32

IELTSのスコア7.0レベルをTOEFLに換算すると?
【徹底比較】英検2級ってIELTSでどのくらい?
IELTSスコア達成までの期間って平均どのくらい?

英検を受けたことがある方は・・・

[英検2級以上]をお持ちの方は、比較的英語の基礎力がある状態からスタートできると言えます。

英検は、4技能すべてを試す試験ですのでIELTSへの移行も比較的スムーズです。特に英検2級のレベルになると、単なる暗記ではなく実用的な英語力も問われますので、実用英語を重視するIELTSでも大変役立ちます。

注意したい点は、IELTSでは英検ほど語彙の多さに重きを置いていないことです。例えばライティングやスピーキングなどアウトプット系の科目では、めったに使わないような語彙をたくさん使うことよりも、語彙や表現を自然な形で正しく使えることの方が重要になってきます。

TOEICを受けたことがある方は・・・

[TOEIC 600点以上]をお持ちの方は、比較的英語の基礎力がある状態からスタートできると言えます。

広く受けられているTOEICは、2技能(リスニング・リーディング)ですので、IELTSへの移行はやや大変かもしれません。特に普段英語を話す機会が少ない方はスピーキングの対策は早めに始めましょう。

IELTSスピーキングの勉強法を公開!オンライン英会話を上手に活用!

TOEFLを受けたことがある方は・・・

[TOEFL 70点以上]をお持ちの方は、比較的英語の基礎力がある状態からスタートできると言えます。

TOEFLは、もっともIELTSに近い試験です。4技能すべてを試す試験ですのでIELTSへの移行もスムーズです。ただ科目によってはIELTS特有の対策が必要になりますので、採点基準を見ながら対策を進めましょう。

注意したい点は、IELTSでは英検ほど語彙の多さに重きを置いていないことです。例えばライティングやスピーキングなどアウトプット系の科目では、めったに使わないような語彙をたくさん使うことよりも、語彙や表現を自然な形で正しく使えることの方が重要になってきます。

また、IELTSを手書きで受ける方は、手書きにも慣れておきましょう。

PTEを受けたことがある方は・・・

[PTE 42点以上]をお持ちの方は、比較的英語の基礎力がある状態からスタートできると言えます。

PTEは、ライティングが比較的簡単ですので、IELTSに移行される方はライティング対策を早めに始めましょう。

また、IELTSを手書きで受ける方は、手書きにも慣れておきましょう。

IELTSへのスコア換算に関するまとめ

IELTS以外の英語試験からのスコア換算に関する情報をまとめました。

  • これからIELTSを始める方のための指標に
  • 採点方法や科目が違うのであくまで参考程度に

IELTSに関するお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

IELTSに関する無料相談

この記事がお役に立ちましたら、以下のボタンをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

また、SNSでのフォロー・シェア・コメントも是非よろしくお願いいたします。