• アイエルツの採点基準ってどう決まっているの?
  • アイエルツのバンドスコアって何?

今回の記事では、こういった疑問や要望にお答えします。

この記事を書いている筆者は、IELTS講師歴10年。
2006年にNAATI 通訳・翻訳の資格取得。

筆者のプロフィール

※この記事は、2014〜2017年に発行されたIELTSメールマガジン『IELTS対策!アイエルツで海外移住(留学・就職)を実現させます♪』の記事を一部再編集したものとなります。

はじめに

みなさん、こんにちは!

アイエルツのスコア取得のために頑張っている皆様を応援し隊!Mikaです。

今日はこの記念すべきメルマガ第1号を発行できることになりまして、感激しています~!

読んでくださっている皆様、ありがとうございます!

私にとっても初めての挑戦ですので、読みにくい、わかりにくいこともあるかと思いますが、
温かく見守っていただければ嬉しいです~!!

現在の自分のスコアを知ろう!

みなさんは、アイエルツを受験したことがありますか??

ある方は既に自分の英語力がアイエルツではどのくらいと評価されるのかわかっていらっしゃいますね。

しかし受験経験のない方は、自分がどのくらいのレベルにいるのか、想像しにくいのではないかと思います。

実は、自分のレベルを知ることって、アイエルツのスコアアップには大切なんです。

アイエルツは合格・不合格ではない

アイエルツのスコアには、英検などとは違い、[合格・不合格がありません]

0~9までのバンドスコアで0.5刻みの評価がされます。

アイエルツのバンドスコア

具体的には以下のような評価です。

試験を受けると、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各セクションの評価と、その平均(Overallのバンドスコア)がもらえます。

バンド 評価 説明
Band 9 Expert user ・英語を完璧に理解し、正確、適切かつ流暢に、完全に使いこなすことができる。
Band 8 Very good user ・英語を十分に使いこなしてはいるが、ごくまれに、全体に影響を及ぼさない程度の誤りや不適切な使用が見られる。
・不慣れな状況では誤解が生じる可能性がある。複雑で詳細な議論が十分にできる。
Band 7 Good user ・英語を使いこなしてはいるが、状況によってはまれに誤用、不適切な使用、誤解が見られる。
・基本的には複雑な英語を使い、詳細な論理が理解できる。
Band 6 Competent user ・誤用、不適切な使用、誤解はあるが、基本的には実用的な英語が使える。
・特に、よく慣れた状況では複雑な英語を大体理解し、使うことができる。
Band 5 Modest user ・不十分ではあるが英語を使うことができ、全体的な意味はほとんどの状況で理解できる。
・ただし間違いが多い。自分の分野であれば基本的なコミュニケーションが取れる。
Band 4 Limited user ・基本的な英語が使えるのは、慣れた状況に限られる。
・英語の理解や表現に頻繁に問題が生じる。複雑な英語は使用できない。
Band 3 Extremely limited user ・ごく慣れた状況で、簡単な意味を理解、伝達することしかできない。
・頻繁にコミュニケーションが不可能になる。
Band 2 Intermittent user ・ごく慣れた状況や、早急な必要性に迫られた際に、途切れ途切れの単語や短い定型文で、
・極めて基本的な情報を伝える以外は、実際に英語でコミュニケーションをとることは不可能。
・英語で書かれた、また話された内容を理解するのが非常に困難である。
Band 1 Non-user ・数種類の単語の使用を除いて、基本的に英語能力はない。
Band 0 Did not attempt the test ・採点しうる情報なし。

自分に必要なアイエルツスコアは?

いかがでしょうか?

まあこれだけ見せられても自分がどのあたりなのかなんてよくわかりませんよね。
だから試験があるわけですが。。。

しかし、アイエルツは英語力証明の試験なので、
みなさんがアイエルツを受験するということは、
目標のスコアははっきりしているはずです。

目標別に必要なアイエルツスコアの例

たとえば、オーストラリアでは、

  • 大学進学なら6.5以上
  • 専門学校進学なら5.0以上
  • 大学の特殊な学部なら7.0以上
  • 永住ビザのためなら。。。?(これはカテゴリーによりますね。。)

というように、欲しいスコアがありますよね。

そしてそのためには、自分のレベルがどこかによって、
取り組み方、というか、実践して欲しい効果的な練習法が違ってくるんです。

目的のための勉強というのが一番効果的

たとえば、

スキー初心者の人をいきなり急斜面コースに連れて行って「はい、じゃあ滑って」。

というわけにはいかない。

英語の上達もやはり同じで、[目的のための勉強というのが一番効果的]です。

だから、現在の自分のレベルを知って欲しいんです。

まずは受験をしてみるのも一つの方法だが過去問でもOK

一番手っ取り早いのは、もちろん受験することですが、特に日本ではアイエルツって受験するの大変ですよね?

会場や試験日が限られているし、受験料も高いし。。。

(ちなみにオーストラリアでは主要都市にいれば、
ほぼ隔週でいつでも受けられます。受験者数がとんでもなく多いので。。。)

※現在ではコンピュータによるアイエルツ(CDI)がほぼ毎日実施されています。

【コンピュータで受けるIELTS(CDI)】紙ベースとの違いは?どっちが有利?【練習問題付】

受験が難しい場合は、[過去問をといてみる]のもありでしょう。

ライティングとスピーキングはさすがに評価してくれる相手が必要なのですが、
リスニングとリーディングは正解率でおおよそのバンドスコアがわかります。

IELTSの正答数とスコア・採点基準(Band Descriptors)

各セクション、バンドスコアがそこまで離れることはありませんので、そのスコアで大体自分のレベルの検討が付きます。

アイエルツの講座で直接アドバイスをもらうのが理想的

さらに、何が苦手なのか、どこを伸ばせばいいのか、そのためには何をしたらいいのかを、知る手掛かりになってきます。

↑こういうことが分かっていると、やみくもに勉強するよりもずっとスコアを伸ばしやすいので。

アイエルツの講座などに通っていれば、講師から適切なアドバイスがもらえるので早いですよね。

アイエルツの採点基準(バンドスコア)に関するまとめ

アイエルツの採点基準(バンドスコア)についてまとめました。

  • 自分のレベルを知ることは目標スコア達成には重要!
  • さらに苦手分野など、自分を分析して目標スコアには何が必要なのか考えてみよう。

それでは、今日も最後までお読み下さりありがとうございました。
みなさんが1日でも早くIELTS目標スコアを達成できますように。

By Mika

IELTSに関するお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

アイエルツに関する無料相談

この記事がお役に立ちましたら、以下のボタンをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

また、SNSでのフォロー・シェア・コメントも是非よろしくお願いいたします。