• IELTSのリーディングはどのくらい難しいの?
  • IELTSのリーディングはコツをつかめば伸びる?
  • 日本人がIELTSリーディングを苦手とする理由

今回の記事では、こういった疑問や要望にお答えします。

この記事を書いている筆者は、IELTS講師歴10年。
2006年にNAATI 通訳・翻訳の資格取得。

筆者のプロフィール

※この記事は、2014〜2017年に発行されたIELTSメールマガジン『IELTS対策!アイエルツで海外移住(留学・就職)を実現させます♪』の記事を一部再編集したものとなります。

ごあいさつ

みなさん、こんにちは!

みなさんのアイエルツスコアアップを応援する、Mikaです!

最近、講座ではまた受講生さんが増え始め、賑やかになってきています。

とは言ってもクラス平均2、3人という超少人数ですので、
受講生さんにとってはかなりいいクラス環境ではないでしょうか。

一応マックス6名まで受講可能なので、どしどし予約して下さいね。

IELTSリーディングで困っている人は意外と多い

さて、最近のクラスの様子を見ていると、リーディングで困っている方がとっても多いっ!

おや?
日本人はインプットが得意でアウトプットが苦手とよく聞きますが。。。?

その通り!
なのですが、両者は伸び方がまったく違います。

スピーキングとリーディングは伸び方が正反対

特にスピーキングと、リーディングは[伸び方が正反対]です。

スピーキングでは、コツや慣れによって大幅にスコアが伸びます。
これはスピーキングではたくさんの単語や文法知識を必要としないからです。

考えてみて下さい。スピーキングにはトピックがありますよね。
それに対して自分の考えを述べるのにどのくらいの単語が必要なのか。

いちど、自分で模範回答(自分でできる最高の回答)を用意して頂くとわかると思いますが、
大して単語数もないし、難しいことを言わなくても大丈夫なのです。

目標スコアによって、単語や文法のレベルも押さえておきたいものはありますが、
あくまでも自分が知っている範囲での回答をすることになるからです(知らないものは使おうと思っても使えませんので)。

リーディングと単語、そしてIELTS特有の言い換え

ただ、リーディングではそうはいきません。

[かなりの単語数]が出てきますよね。日常生活では出会わない言い回しもたくさん出てきますよね。

そしてアイエルツではお馴染みで、お約束の[言い換え]

本文と設問で、同じ意味でも違う単語を使い、同じ意味でも違う言い回しを使う。

加えて、[制限時間60分]

「あー、もう、結局これ全部知ってなかったら駄目じゃん!」

。。。という気分にさせられるのがアイエルツリーディングです。

コツも重要だが基本的な読解力を伸ばさなければスコアアップは難しい

もちろん、コツや慣れは絶対に必要です。

問題の種類を知っているだけで、問題を解くときに慌てずにすみますよね。

問題の種類は知っている、スキミング、スキャニングの使い方も知っている。
こういう問題の時にはどうしたらいいかも知っている。

でも、、、この設問ってどういう意味なのぉ!?

そうです、[基本的な読解力が伸びなければ、スコアアップが難しい]

そして、基礎を伸ばそうと思えばどうしても、時間がかかってしまうのです。
英語は一朝一夕に上達するものではありませんから。

日本人は要旨をつかむのが苦手!?

さて、そうはいっても、私が講座で皆さんの様子を見ていて気が付いたことがあり、そこに少しヒントがあるように思います。

まず、多くの日本人は、パッセージ全体の意味をつかむのが苦手であること。

そして、多くの場合、センテンスひとつひとつを読んではいるけれど、まとまった意味が取れていない。

どうしてこんなことが起こるのでしょうか??

要旨を理解できない理由はこれ?

私は次のように思います。

1つに、[英語の文章は日本語の構成と異なる]ために、要旨がどこなのかがわかりにくい。

そしてもう1つ、センテンスを読んではいるが、「なるほどな」、と意味を理解するのに時間を要するため、[理解する前に目だけで読みすすめてしまっている]

(→結果、設問に立ち返ったときに、なんとなく単語があった場所は覚えているが、何の話だったかよく思い出せないということになります)

後者は、単語1つ理解できないだけでもかなり足を引っ張られるので、これも基礎の確立がもう少し必要になりますね。

私がおススメしているリーディング上達法

これらを踏まえたうえで、私がおススメしているリーディング上達法は、

  • 要旨を見つける練習
  • センテンスの骨子(何がどうなったのか)を(素早く)抜き出す練習

です。

それでは、今回はこの辺にして、

次回、この2つについて具体的に書きたいと思います。

IELTSリーディングに関するまとめ

IELTSリーディングについてまとめました。

  • リーディングはスピーキングよりも基礎力が必要
  • 英語の文章と日本語の文章は構成が異なるため、要旨が取りにくい
  • 日本人に必要なのは、要旨を掴む事と、センテンスの骨子を抜き出す練習です

それでは、今日も最後までお読み下さりありがとうございました。
みなさんが1日でも早くIELTS目標スコアを達成できますように。

By Mika

IELTSに関するお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

IELTSに関する無料相談

この記事がお役に立ちましたら、以下のボタンをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

また、SNSでのフォロー・シェア・コメントも是非よろしくお願いいたします。