スコア7.0 以上の日本人講師によるIELTS オンラインスクール

IELTSで必要な英文法 – become toは文法的に誤り

header_background

IELTSのライティングで受講生がしばしば間違える表現があります。「〜するようになる」という部分を英語にする際に使ってしまうbecome toという表現、実は文法的には間違いです。「〜するようになる」を英語で表現するにはどうしたらいいのかを考えてみましょう。

becomeの基本的な用法

becomeは、動詞の後ろに「補語」と呼ばれるものを取って、「主語=補語」の関係性を示します。

  • A becomes B. → AがBになる(A=B)
  • A became B. → AがBになった(A=B)
  • A has become B. → AがBになった(完了)(A=B)

を表します。このように、時制がどのような形であっても、主語(A)と補語(B)は同じ関係にあります。

補語になれる品詞としては、名詞、形容詞、および動詞の過去分詞となります。

「〜するようになる」の英訳

日本語では、「〜するようになる」という表現をよく使いますね。

アイエルツでも
「会社はますます機械を導入するようになるでしょう」
のように、

「〜するようになる」という表現はよく見かけます。

そこで英語にする際に、それをついつい「become to 〜」としたくなるのですが、
becomeにはそのような用法(不定詞を伴う用法)がありません。

ですので、

Companies will become to introduce machines. (x)

とは言えないのです。

「〜するようになるだろう」というのは、結局のところ「〜するだろう」というのと同じです。

英語では、単純に未来形(推測)で表すのが自然な方法です。

Companies will introduce machines. (o)

その他の表現

「〜するようになる」という表現は状況によって様々な英語に置き換えることができます。

上記の例の他にも様々な表現があります。

例)子供たちは、自由を与えられすぎると家でゲームばかりするようになる。

で考えてみましょう。

  • Children will spend most of their time playing computer games when they are given too much freedom.
  • Children tend to spend most of their time playing computer games when they are given too much freedom.
  • Children are likely to spend most of their time playing computer games when they are given too much freedom.

come to〜、learn to〜

受講生の方から、

become toの代わりに、come toやlearn toだったら大丈夫ですか?

という質問が非常に多く寄せられます。

確かに、come to〜、learn to〜、という表現はありますし、
「〜するようになる」という訳が当てはまる場合が多いですね。

しかし、本来の意味も合わせて理解した上で使わないと、おかしな英語になってしまいますので注意したいところです。

come to〜

come to〜には、「(一定期間の経験を経て)〜するようになる」という意味が含まれます。

They came to understand each other after a long acquaintance.

のように、「経験」を示すようなコンテクストで、その経験から何かをするようになった、というような流れであれば問題なく使用できます。

learn to〜

learn to〜には、「(学習をして、努力をして)〜するようになる」という意味が含まれます。

He finally leant to behave sensibly at school.

のように、「学習」「努力」を示すようなコンテクストで、その学習・努力から何かをするようになった、というような流れであれば問題なく使用できます。

まとめ

ここがポイント!

  • 「〜するようになる」は、become toではなく、will/tend to/be likely toなどでOK!
  • come to/learn toはそれぞれの本来の意味があるので文脈に沿う場合にだけ使う!
  • IELTS専門のオンラインスクールPlusOnePointでは
    IELTSに関する無料相談を実施しております

    IELTSに関する無料相談は今すぐカレンダーから直接ご予約いただけます。
    IELTSに関する無料相談をされたい方は下のボタンをクリックしてください。

    投稿者: Hibiki先生

    PlusOnePoint代表。大阪大学医学部卒業。日本では医師(麻酔科医)として活躍。2012年よりオーストラリア在住。IELTS 最高スコア8.5 (科目別最高スコア:リスニング8.5、リーディング9.0、ライティング8.0、スピーキング8.0)を保有。 2014年以降、5回連続で全科目7.0以上を達成。得意科目はライティング。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です