IELTSで必要な英文法 – so that構文の正しい使い方

IELTSのライティングやスピーキングでは、幅広い文法やストラクチャーの使用を求められるとともに、正確性も重要視されています。特に7.0や7.5など、ハイスコアを目指す方には文法の正確性は非常に重要です。今回は、受講生の方がしばしば間違えて使ってしまうso that構文を取り上げます。

so that構文

so that構文はアイエルツのライティングでもしばしば使われるストラクチャーですが、時々意味を間違えて覚えている方もいるようですので、確認をしておきましょう。

以下の文章は、受講生の方の回答の一部です。

However, I believe that governments should take protective tactics to prevent environmental problems because they can have strong impacts on citizens. Environmental problems are tremendous scale so that compulsory rules and regulations are required to obey people. In order to reduce the emission of CO2, governments could recommend citizens to decrease the use of cars, and then they could bear taxes on drivers if the situation does not ameliorate. By taking such steps, they can encourage people to have less influence on the environmental problems.

so that構文は「目的」を表す

いわゆるso that構文には、実は2つの用法がありますが、ここでは最も重要な「目的」を表す用法について確認しましょう。

that節の中に、基本的にはmay, can, willなどの助動詞を伴い、「〜するために」という意味を表します(助動詞を用いない用法もありますが非常に特殊な用法になりますので今回は割愛します)。

I study English hard every day so that I can pass the test.
私は試験に合格するために、毎日一生懸命英語の勉強をしています。

先ほどの受講生の方の回答では、

Environmental problems are tremendous scale so that compulsory rules and regulations are required to obey people.

となっており、直訳すれば「人々に従わせるための強制的なルールや規則が必要であるために、環境問題は非常に大きな希望である。」という意味になってしまいます。

おそらく、so(だから)の意味で使ってしまったものと思われますが、意味が大きく変わってしまいますので注意しましょう。

もう一度先ほどの例文を見ていただき、soを使った場合と比較をしてみましょう。

I study English hard every day so that I can pass the test.
私は試験に合格するために、毎日一生懸命英語の勉強をしています。
I studied English hard every day so I passed the test.
私は毎日一生懸命英語の勉強をしたので、試験に合格した。

ちょっとした違いですが、大きな意味の違いになりますので注意したいですね。

ちなみに、口語(とくにアメリカ英語)では、so that構文のthatは省略される場合もあります。その場合は、

I study English hard every day so I can pass the test.
私は試験に合格するために、毎日一生懸命英語の勉強をしています。

のようになります。一見すると、so(だから)との違いがわかりにくくなるのですが、文脈的に(あるいは時制で)判断ができることがほとんどです。

例えば、

I studied English hard every day so I passed the test.

をso that構文のthatの省略だと考えると、

「私は試験に合格したために、毎日一生懸命英語の勉強をした。」

となりますが、これでは意味がわかりませんよね。ですので、

「私は毎日一生懸命英語の勉強をしたので、試験に合格した。」

となるわけです。

助動詞にどれを使うか

so that構文では、本来はmayを使うのが正しい用法とされていました。実際、フォーマルな場面では今でもmayが好んで使われます。しかし、よりインフォーマルな場面(アカデミックライティングとはいえ、法律文書などから比べるとインフォーマルです)では、canやwillなども使われます。IELTSのライティングでは、どの助動詞を使っても大丈夫です。

so that構文と類似の構文

so that構文とほぼ同じ意味で使うことができる構文として、in order that構文があります。

The two countries has made a considerable effort in order that they may reach an agreement by the end of the year.
両国は年内に合意に至るために甚大な努力をしてきた。

in order that構文は、so that構文に比べてかなり改まった文語的表現となります。状況にそぐわない場合もありますので、全体として使っているランゲージに合わせて使用するかどうかを検討しましょう。

結果を表すso that構文(上級者向け)

関係代名詞の非制限用法と同様に、前の文章(節)の内容を受けて、「その結果・・・になった」という意味を表すことができますが、好んで使われる表現ではありません。非常にハイレベルの表現になりますので、基本的には覚える必要も使う必要もありません。

The train was full of passengers, so (that) I had to wait for another one.
その電車は満員だったために、別の電車を待たなければいけなくなった。

のように使います。

理由を表す接続詞の「so(だから)」と非常に似ているのですが、「結果」という意味合いが強くなります。

先ほどの受講生の回答では、

Environmental problems are tremendous scale, so that compulsory rules and regulations are required to obey people.

のようにカンマを入れると結果の意味になるのですが、文脈からは「結果」というよりも「理由」の意味合いが強いですので、so that構文を使わない方がいいでしょう。

so … thatはまた別の構文

ちなみに、so と that の間に「形容詞」を入れる構文もありますが、これは有名ですので大丈夫ですよね?

The test so difficult that I could not past it.
そのテストは大変(あまりにも)難しかったので、合格できなかった

この構文の場合も口語の場合は that が表略されます。

用法に自信がない方はこの機会に是非調べて見てくださいね。

IELTS専門のオンラインスクールPlusOnePointでは
IELTSに関する無料相談を実施しております

カレンダーからご予約いただく場合

IELTSに関する無料相談は今すぐカレンダーから直接ご予約いただけます。
IELTSに関する無料相談をされたい方は下のボタンをクリックしてください。

無料相談予約フォーム

メールによるご予約の場合

名前 必須
メールアドレス 必須
スカイプID
電話番号
希望日時(第1希望) 必須
*カレンダーが表示されない場合は、2018-xx-xxの形式でご入力ください。
~
*時刻は日本時間でお選びください。
希望日時(第2希望) 必須
*カレンダーが表示されない場合は、2018-xx-xxの形式でご入力ください。
~
*時刻は日本時間でお選びください。
お住まいの国と都市 必須
相談内容 必須

LINEによるご予約の場合

LINEでのお問い合わせも承っております。無料相談をご希望の方は、上記の項目(名前、メールアドレス、電話番号、居住国と都市、第1希望日と時間帯、第2希望日と時間帯、相談内容)をLINEにてお知らせください。

投稿者: Hibiki先生

PlusOnePoint代表。大阪大学医学部卒業。日本では医師(麻酔科医)として活躍。2012年よりオーストラリア在住。IELTS 最高スコア8.5 (科目別最高スコア:リスニング8.5、リーディング9.0、ライティング8.0、スピーキング8.0)を保有。 2014年以降、5回連続で全科目7.0以上を達成。得意科目はライティング。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です