• 留学やビザの申請をする際にIELTSのスコアはどのタイミングで取ればいいの?
  • 国や目的によって有効期限は違うの?

今回の記事では、こういった疑問にお答えします。

この記事を書いている筆者は、IELTS講師歴6年。日本では医師(麻酔科医)として活動。過去5回のIELTS試験でいずれも全科目7.0以上を達成しています。科目別最高スコアは、リスニング8.5、リーディング9.0、ライティング8.0、スピーキング8.0(Overall 8.5を保有)。

筆者のプロフィール

IELTSのスコアはどのタイミングで取ればいいの?

IELTSのスコアの有効期限は、2年または3年となります。

多くの方が、永住権を含めたビザ申請、大学・大学院への進学のためにIELTSのスコアを取得されると思いますが、その目的や申請をする国によって有効期限が異なります。

オーストラリアの場合

オーストラリアにおけるビザ申請の目的の場合は、有効期間は3年となります。

Test cannot have been undertaken more than 3 years before the date of application.
引用元: Australian Government:Department of Home Affairs

Employer Nomination Scheme (subclass 186)、Regional Sponsor Migration Scheme (subclass 187) については、ビザの申請時にIELTSのスコアが必要となりましたのでご注意ください。

一方、大学・大学院への進学のためのIELTSは、有効期間は2年となります。

To meet the University’s English language requirements you can use the following tests with the minimum scores for many of our degrees listed, some degrees have varied minimum requirements which you need to check before applying. If your offer is conditional on meeting English language requirements, you need to satisfy the requirements of one of these tests, in one sitting, and no more than two years before the start of your course.
引用元: Melbourne University

このように、多くの大学が2年をIELTSスコアの有効期間と定めています。

目的 有効期間
ビザ申請 3年
大学・大学院進学 2年

ニュージーランドの場合

ニュージーランドにおけるビザ申請の目的の場合は、有効期間は2年となります。

Test results must be no more than 2 years old at the time your application is lodged.
引用元: New Zealand Immigration

大学・大学院進学の場合もIELTSスコアの有効期間は2年となります。

The results are valid for two years from the date on the test certificate until commencement of study at the University of Auckland.
引用元: The University of Auckland

ニュージーランドでは、オーストラリアと異なり目的にかかわらずIELTSスコアの有効期間は2年となっています。

目的 有効期間
ビザ申請 2年
大学・大学院進学 2年

カナダの場合

カナダにおけるビザ申請の目的の場合は、有効期間は2年となります。

また、カナダでのビザ申請目的の場合はジェネラルでの受験が必要となります。

Your test results must be less than two years old when you submit your application for permanent residence.
引用元: Government of Canada: Language Requirements

大学・大学院進学の場合もIELTSスコアの有効期間は2年となります。

Test scores must be valid at the time of the University of Toronto’s exchange application deadline (see below for deadline information). TOEFL and IELTS Academic test scores are valid for two years from the date the test was taken.
引用元: University of Toronto

カナダでは目的にかかわらずIELTSスコアの有効期間は2年となっています。

目的 有効期間
ビザ申請 2年
大学・大学院進学 2年

イギリスの場合

イギリスにおけるビザ申請の目的の場合は、有効期間は2年となります。

また、イギリスでのビザ申請目的の場合は基本的にはUKVIと呼ばれるIELTSの受験が必要となります。

UKVI for IELTSと通常のIELTSとの違い

Test Validity: 2 years
引用元: GOV.UK

大学・大学院進学の場合もIELTSスコアの有効期間は2年となります。

If you are a visa national, your language qualification must have been taken within two years of any issuance of a Confirmation of Acceptance of Studies (CAS) from UCL.
引用元: University College London (UCL)

イギリスでも目的にかかわらずIELTSスコアの有効期間は2年となっています。

目的 有効期間
ビザ申請 2年
大学・大学院進学 2年

日本の場合

日本の大学・大学院でも英語能力の証明としてIELTSを認めるようになってきています。有効期間は多くの場合2年となっています。

IELTSの勉強はいつ始めればいい?

IELTSの勉強は、すぐにでも始めた方がいいです。

IETLSで目標スコアを取得するには時間がかかります。仮にIELTSスコアが今すぐに取れたとして2年以内に目的(移住または留学)に向かって進めるようであれば今すぐ勉強を開始しましょう。

IELTSスコア達成までの期間って平均どのくらい?

仮に、もう少し先の話だと持っている方であっても、早めに勉強をスタートするに越したことはありません。勉強を始めてすぐに試験を受けるわけではありませんので、半年〜1年ほどかけてじっくり対策をしてから試験を受けるとかなり有利になります。

IELTSのスコアの有効期限に関するまとめ

IELTSのスコアの有効期限に関する情報をまとめました。

  • 国や目的によって異なるが概ね2年
  • オーストラリアのビザ目的の場合のみ3年

IELTSに関するお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

IELTSに関する無料相談

この記事がお役に立ちましたら、以下のボタンをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

また、SNSでのフォロー・シェア・コメントも是非よろしくお願いいたします。