IELTSライティング問題が予想的中!

target

先週末のアイエルツの試験でライティングの予想問題が的中しました!!

IELTSライティング問題(4月21日)が予想的中!

PlusOnePointのライティグ対策講座では、頻出問題を中心に毎週一つのテーマを中心にアイデアの整理やエッセイの構成方法などを勉強し、
週末の無料模試で実力を試していただいているのですが、先週末(4月21日)にアイエルツの試験で出題された問題は、その週のライティング模試とほぼ同じではありませんか!

  • ライティング模試の問題
    Nowadays the use of social media such as Facebook, Twitter and so on is becoming more popular than one-on-one conversations in person. Do you think the advantages of this development outweigh the disadvantages?
  • 実際の試験に出題された問題(4月21日)
    People today can shop, work and communicate with others via the Internet. They don’t need to do these face to face. Is it a positive or negative development?

先週のライティング対策講座では、このテーマに向けてひたすら練習をしてきたはずですので、受験された方はラッキーでしたね☆

いつも授業では申し上げることですが、ライティングでハイスコア(特に7.0以上)を狙う人は「確率」をあげることがまずは第一歩です。

練習で7.0が取れなければ、試験で7.0はほぼ不可能です。一つでも多くのテーマ・タスクで7.0が取れるようになれば、それだけ試験でも7.0を取れる確率が上がります。闇雲にいろいろな問題に挑戦をしたり、インターネット上の様々な情報に左右されるのではなく、やるべきことを順序立てて一つずつやっていく、これこそが(地味ですが)最短ルートです。

具体的には、よく出る問題から一つずつ潰していくわけですね。

アイエルツのライティングで出題される問題は確かに多岐に渡ります。しかし、細かく紐解くとやはり頻出問題というものがあります。また、気をつけておきたいピットフォールもあります。時間がたっぷりある人は、英語力をしっかり底上げして取り組めば、いずれはハイスコアが必ず取れます。

しかし多くの方は、仕事をしながらであったり学校に通いながらの勉強ですので、十分な時間を確保できません。そういった方は、時間を最大限有効に使って勉強するためにも、アイエルツのことをよく知っている経験豊富な人から直接フィードバックをもらうことが何より重要です。

スコアの伸び悩みを感じている方、試験まで時間がないと感じている方は、ぜひ一度ご相談くださいね!

無料相談はこちら

投稿者: Hibiki先生

PlusOnePoint代表。大阪大学医学部卒業。日本では医師(麻酔科医)として活躍。2012年よりオーストラリア在住。IELTS 最高スコア8.5 (科目別最高スコア:リスニング8.5、リーディング9.0、ライティング8.0、スピーキング8.0)を保有。 2014年以降、5回連続で全科目7.0以上を達成。得意科目はライティング。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です