スコア7.0 以上の日本人講師によるIELTS オンラインスクール

緊張しちゃう人必見!IELTSのスピーキングテストのスコアアップ

header_background

IELTSのスピーキングのテストは、一番最後にあります。テストの構成は、パート1・パート2・パート3にわかれていて、面接官との対面方式になります。どうしても緊張してしてしまって英語が咄嗟にでなくなる…なっていう経験をした人も多いのではないでしょうか?今回は、Mika先生の実体験をもとに、スピーキングテストの緊張を克服した方法を紹介します。

スピーキングの評価は態度が影響するの?

さあテストが始まりました。あなたはどういう風に態度になっていて、どういう印象を与えていると思いますか?

A氏      B氏
緊張している・堂々としている
自信がありそう・自信がなさそう
声が小さい・声が大きい
相手の目を見ている・うつむいている、目を合わさない
顔が笑ってる・顔が困ってる・つまらなそう

人それぞれ自分の特徴ってあると思うんですが、
A氏のようなネガティブな態度は圧倒的に不利です。

ただし、それがスコアダウンにつながるとは言いません。
なぜなら試験官はそういうところを判断してはいけないことになっています。

しかしですよ?自分が試験官になったと想像してみて下さい。
同じ言葉を使って同じパフォーマンスをした受験者がいたとして、
態度がネガティブ、ポジティブと正反対だったとしましょう。
あなたは公正に同じスコアをつける自信はありますか??

元気いっぱい満面の笑顔、はきはき声も明るく会話を楽しんでいる様子、なんだか顔までかわいく(ハンサムに)見えてきます。

一方、おどおどと自信なさげで笑顔がぎこちない…目をあわせようとしないし、声も小さくたまに聞き取れない。

この2人が、全く同じパフォーマンス(少なくとも言語的には)をしたら、どうなると思いますか?

まず、声が小さい(聞き取りにくい)という点で、きちんと評価できなくなる可能性があります。
それ以外の要素は、直接的には評価に関わることはあるべきではありません。
しかし、試験官は人間ですので、
このポジネガ要素が与える印象が評価に影響しないと誰にもいえないのです。

ここで私は、だから気をつけてくださいね、と言いたいわけではなくて、
だったら、好印象を持ってもらうに越したことはない!と言いたいのです。

実際、「英語を喋ることに困難を感じている(ムリをしている)」と試験官が判断した場合、
絶対にスピーキングで7.0以上のスコアにはなりません。
つまり7.0を達成するのに、実際には困難を感じていても、そう見えなければいいのです。
それって、上の態度でカバーできるところもありませんか??
ポジティブな態度のほうが、得なんです。

スピーキングテスト、Mika先生はどうやってるの?

私は、名前を呼ばれたときから笑顔で応じます。「は~い、私で~す!」って。
個室に行くまでも、ニコニコしながら試験官と一緒に廊下を歩き、「今日はいい天気ね~」など気が向いたら話しかけます。

向かい合って座ってからも始終笑顔は絶やさず、考えているとき以外は相手の目を見るように心がけます。
できるだけはっきりと、相手に伝わるように話をします。
抑揚をつけてあげると、聞き手に親切です。
このとき、スピードもある程度調整します(この辺は言葉の使い方などに余裕があればですが)。

相手がどんな人でも「あぁ、あなたが試験官でよかった!今日はあなたに巡りあえて本当によかった!あなたと話をするのは何て楽しいんだろう!」というオーラを出しながら会話をします。

●Mika先生の『ポジティブなイメージ戦略』
始終笑顔を絶やさない
抑揚をつける
話すスピードに気をつける
試験管に対して好意をもって話す

こんなことを書いたら、私のことをじかに知っている人からは「普段からそうやって愛想よくすれば。。。」とか思われそうですね。
でも、これは試験対策なんです。
フリではダメですよ!やるんならちゃんとそういう気分になってやるべきなのです(^^)

相手の目を見れないのはなぜ?

ちなみに、「相手の目を見る」というくだりですが、内向型の人間は、東洋人であれ西洋人であれ相手の目を見ながら話をするのが苦手です。
これは、情報過敏というか、入ってくる情報が多すぎると処理しきれず、物を考えることが(しかも話しもしなくちゃならないし)うまくできなくなるからだそうです。
いずれにしても脳の性質的なことなので自分ではどうしようもありません。

しかし西洋社会では「相手の目を見る」ことが否応なしに誠意の表明であり、逆に相手の目を見れない人間は、何かやましいことでもあるのでは?と疑われかねません。

私と似たタイプ(相手の目を見れない方)へ提案する解決策は、

1、眉毛のあたりをぼんやり見る(笑)!
2、あまり考えなくてもいいときは目をしっかり見つめる。
3、考えるときは考えるポーズ(ちょっと頭をかしげながら視線をそらす)

になります。

いかがでしたでしょうか?
態度って、やっぱりけっこう大切だと思いませんか?

それでは、今日も最後までお読み下さりありがとうございました。
みなさんが1日でも早くIELTS目標スコアを達成できますように。

IELTS専門のオンラインスクールPlusOnePointでは
IELTSに関する無料相談を実施しております

IELTSに関する無料相談は今すぐカレンダーから直接ご予約いただけます。
IELTSに関する無料相談をされたい方は下のボタンをクリックしてください。

投稿者: Mika先生

PlusOnePoint副代表。NAATI通訳・翻訳者、医療現場での通訳も務める。 10年以上に渡ってアイエルツ対策を研究。 IELTS 最高スコア 8.0(科目別最高スコア:Listening 9.0, Reading 8.5, Writing 7.5, Speaking 8.0)。