• コンピューターで受けるIELTS(CDI)のリーディングって紙ベースとどう違うの?
  • コンピューターで受けるIELTS(CDI)のリーディングで注意しておくことは?

[Intro]

この記事を書いている筆者は、IELTS講師歴6年。
Overall 8.5 (PB: Listening 8.5 Reading 9.0 Writing 8.0 Speaking 8.0)
5回連続全科目7.0以上達成。

筆者のプロフィール

Computer-delivered IELTS(CDI)の大きな違いは5つ

紙ベースのIELTSに比べた場合、Computer-delivered IELTS(CDI)の[特徴(違い)は5つ]です。

  • Computer-delivered IELTS(CDI)では、本文と問題を同時に見れる
  • Computer-delivered IELTS(CDI)では、右クリックでハイライトが可能
  • Computer-delivered IELTS(CDI)では、右クリックでメモ書き可能
  • Computer-delivered IELTS(CDI)では、コピー&ペーストが可能
  • Computer-delivered IELTS(CDI)では、回答中の問題のみ選択肢が表示される

本文と問題を同時に見れる

Computer-delivered IELTS(CDI)では、[本文と問題を同時に見れる]のが何よりの利点かもしれません。

紙ベースのIELTSでは本文と質問が別のページに記載されているため何度もページをめくる必要がありますが、Computer-delivered IELTS(CDI)では本文と質問が左右にレイアウトされているためをそのような心配がありません(画像参照)。

紙ベースのIELTSよりもComputer-delivered IELTS(CDI)を選ぶメリットの一つですね。

Computer-delivered IELTS(CDI)のリーディングの様子

CDI-academic-reading-sample.jpg
引用元: IELTS Australia

右クリックでハイライトが可能

Computer-delivered IELTS(CDI)では、[右クリックでハイライトが可能]です。

紙ベースのIELTSの最大のメリットは、本文や質問に自由に書き込みができることです。特にキーワードのチェックは正答率アップのために大変重要ですが、Computer-delivered IELTS(CDI)では紙ベースのように簡単にマークができません。

右クリックでハイライトをすることは可能ですが、手書きの場合に比べると格段に効率が下がります。

また画面で文字を読むことになれていない方は、紙ベースとずいぶん感覚が違いますので違いますので、しっかり練習をしておきましょう。

右クリックでメモ書き可能

Computer-delivered IELTS(CDI)では、[右クリックでメモ書き可能]です。

しかし、これも上記同様、紙ベースの手書きの場合に比べると格段に効率が下がります。

例えば、複数の選択肢で迷った場合にメモ書きを残しておきたいといった場合、困るかもしれませんね。筆記試験ではメモ用紙と鉛筆は支給されていますので、そういった方は、「Q33. iii or vii」のようにメモ用紙に書いておくといいでしょう。

コピー&ペーストが可能

Computer-delivered IELTS(CDI)では、[コピー&ペーストが可能]です。

本文中から単語を抜き出して答える問題の場合、紙ベースのIELTSには「写し間違い」が起こりえます。特に、リーディングではあまり聞き慣れない単語が回答になることもしばしばあります。

写し間違い(スペリングミス)は不正解となりますので、コピー&ペーストが可能なComputer-delivered IELTS(CDI)はこの点においては有利かもしれませんね。

回答中の問題のみ選択肢が表示される

Computer-delivered IELTS(CDI)では、[回答中の問題のみ選択肢が表示される]ので注意が必要です。

紙ベースのIELTSでは、当然ながらすべての問題をいつでも好きなときに見ることができます。そのため、自分がどの問題にどんな回答をしたかを確認することができます。Computer-delivered IELTS(CDI)では回答中の問題のみ選択肢が表示されますので、そういったことができません。

例えば、TRUE/FALSE/NOT GIVENのような問題において、NOT GIVENが3問続くことは非常にまれです(ない訳ではないです)が、そういったことも気付きにくくなります。

コンピューターで受けるIELTS(CDI)のリーディングに関するまとめ

コンピューターで受けるIELTS(CDI)のリーディングについてまとめました。

  • Computer-delivered IELTS(CDI)の大きな違いは5つ
  • 本文と質問を見開きで見れるのが何よりのメリット
  • 紙ベースと同じ問題だがハイライト・下線が非効率的なので必ず練習を!

こちらの記事も是非ご参照ください。

【コンピュータで受けるIELTS(CDI)】紙ベースとの違いは?どっちが有利?【練習問題付】