avatar-frustrated-person

IELTS対策に悩んでいる人

IELTSリーディングに出題されるマッチング系の問題がとても苦手・・・。

今回の記事では、このような悩みを解決します。

この記事を読むと、IELTSリーディングに出題されるマッチング系の問題は意外と簡単である理由を知るとともに、マッチング系の問題に強くなるための対策を知ることができます。

avatar

Hibiki

IELTSリーディングの中でマッチング系の問題は3種類ありますが、いずれも難易度はそれほど高くありません。ただし問題の解き方には慣れておく必要があります。

今回の記事では、IELTSリーディングに出題されるマッチング系に強くなるための練習方法をご紹介しますので、最後までじっくりと読んでみてください。

全般的なリーディング対策については、以下の記事を是非ご参照ください。

この記事を書いている筆者は、IELTS講師歴6年。日本では医師(麻酔科医)として活動。過去5回のIELTS試験でいずれも全科目7.0以上を達成しています。科目別最高スコアは、リスニング8.5、リーディング9.0、ライティング8.0、スピーキング8.0(Overall 8.5を保有)。

hibiki-result

執筆者の詳細プロフィール

IELTSリーディングで出題されるマッチング系の問題

IELTSリーディングには大きく分けて9種類の問題タイプがありましたね。

#問題タイプ難易度
1穴埋め(箇条書き)
2穴埋め(図・表)
3穴埋め(サマリー)
4マッチング(ヘッドライン)
5マッチング(インフォメーション)
6マッチング(人物・国名等)
7選択問題(シングル)
8選択問題(マルチプル)
9TRUE/FALSE/NOT GIVEN

その中で、IELTSリーディングのマッチング系の問題は全部で3種類あります。

  • マッチング(ヘッドライン)(List of Headings)
  • マッチング(インフォメーション)
  • マッチング(人物・国名等)

IELTSリーディングのマッチング系が比較的簡単である理由

上の表でも、マッチング系の問題は【難易度中】となっており、TRUE/FALSE/NOT GIVENなどに比べて比較的簡単であるとしていますが、その理由は分かりますでしょうか?

Twitterのアンケートでは86%の方が「その理由は分からない」と回答されていました。

実は、先日の記事で、TRUE/FALSE/NOT GIVENがなぜ難しいかを特集しましたので、その記事にヒントがあったのですが、気付きましたでしょうか?

TRUE/FALSE/NOT GIVENが難しい理由は、

  • 質問の内容が本文中のどこに書いてあるかを探す(場所の同定)
  • 質問の内容(または選択肢)が正しいかどうかを判定する(正誤判定)

という2つのステップが両方できて初めて正解できる問題だから、難易度が高いのでしたね。

一方、マッチング系の問題は、

  • 質問の内容が本文中のどこに書いてあるかを探す(場所の同定)

さえできれば、正解できるので比較的簡単と言えるわけです。もちろん、マッチング系の問題にも難しい問題は含まれていますので、すべてのマッチング系の問題が簡単というわけではありませんが、総じてTRUE/FALSE/NOT GIVENよりも比較的簡単であると言えるわけです。

やや乱雑な言い方をすれば、マッチング系の問題は、与えられている記述はすべてTRUEなので、あとは本文中のどのあたりにそれが書かれているかさえ見つければいい、ということになります。

IELTSリーディングのマッチング系に強くなるための対策

IELTSリーディングのマッチング系に強くなるための対策は、3つ問題タイプについて、それぞれ何をする問題なのかをしっかり把握しておき、どのようなアプローチで解くのが効率的かを確認しておくことです

もちろん、人によって解き方は様々ですのでこれが一番いいというものはありませんが、現在の解き方では十分な正答数を確保できない方は、以下の方法を試してみましょう。

マッチング(ヘッドライン)の解き方のポイント

ヘッドライン・マッチング(List of Headings)とは、以下のような問題です。それぞれの記述(下記の例ではi〜viii)はどの段落のタイトルとしてふさわしいかを答える問題です。

人によって解き方は様々ですが、各段落を読んだときにタイトルとしてふさわしい記述はどれかを探すというアプローチがうまくいく場合が多いです。

マッチング(ヘッドライン)のヒント

List of Headingsに記載されている記述(上記の例ではi〜viii)は、「段落のタイトル」なので必ずしもそのまま本文に記載されているとは限りません。段落の細かな部分に目を配るよりも、段落の全体像(要旨)を掴むことが重要です。

段落の要旨がつかめていないと、その段落に出てきた単語にばかり目が行ってしまい、その結果「distractor(ひっかけの選択肢)」に引っかかることになります。

また、消去法で選択肢を絞り込むことも重要です。3つに絞り込めれば正解の確率は33%、2つに絞り込めれば正解の確率は50%にまで上がります。

  • リーディング能力が高い=要旨を掴む力がある

ですので、IELTSのリーディング試験でも、要旨を掴む能力があるか(=最もふさわしいタイトルを選べるか)をもってリーディング能力がどのくらい高いかをチェックするように作られています。当然、1問や2問はあまり自信を持って選べないものも存在します。そのあたりは「捨て問題」として処理をしてもいいでしょう。

もちろん、捨て問題といっても白紙で書くわけではなく、ある程度選択肢を絞り込んだ段階であとは「どちらといえば」という感じで答えます。

マッチング(インフォメーション)の解き方のポイント

インフォメーション・マッチングとは、以下のような問題です。それぞれの記述はどの段落に書かれていたかを答える問題です。

それぞれの記述がどの段落に書かれていたかを探す(問題→本文)よりも、各段落を読んだときに列挙されている記述があったかどうかを確かめる(本文→問題)というアプローチがうまくいく場合が多いです。

ただし、注意点としては、

  • NB You may use any letter more than once

と書かれている場合には、その段落の内容に一致する記述が2つ以上ある可能性があります(過去には3つあったこともあります)。逆に選ぶものがない可能性もあります。このあたりはインフォメーション・マッチングとの違いですね。

マッチング(インフォメーション)のヒント

インフォメーション・マッチングに記載されている記述は、以下のようなフレーズで始まります。

  • an explanation of …(〜の説明)
  • an account of …(〜の説明)
  • a mention of …(〜の言及)
  • a reference to …(〜の言及)
  • a description of …(〜の描写)
  • a suggestion that …(〜という提案)

これらはそれぞれ意味が違うように見えますが、言葉を換えているだけで実はほぼ同じことを言っています。実際にはこれらのワードはキーワードになることはなく、読み飛ばしてもいい部分になりますので、その先にキーワードを求めましょう。

一方、以下のようなフレーズで始まる場合は、キーワードになり得ますので上のものとは区別しておくといいでしょう。

  • the reason why …(〜の理由)
  • an evidence of …(〜の証拠)
  • an example of …(〜の具体例)

マッチング(人物・国名等)の解き方のポイント

人物・国名等のマッチングとは、以下のような問題です。それぞれの人物または国に該当する記述はどれかを選ぶ問題です。

人物・国名等のマッチングは、マッチング系の問題の中でも最も容易なものと言えます。なぜかというと、人物も国名も固有名詞ですので、基本的には大文字で始まります。大文字で書かれている単語は本文中でも目立ちますよね?そうなんです、本文中のどこに書かれているか(場所の同定)がしやすいから比較的容易なのです。

マッチング(人物・国名等)のヒント

人物・国名等のマッチングでは、その固有名詞の前後に回答のヒントがあります。固有名詞の前にヒントがあることもありますので注意しましょう。

また、人物のマッチングの場合には、その人の発言を元に問題が作られることも多いですので、その人の発言らしきもの、具体的には引用句(Quotation Mark)の中にヒントがないか探してみましょう。

例えば、上記の例の設問20の場合、Peter Tooheyというキーワードの直後に、

In his book, Boredom: A Lively History, Peter Toohey at the University of Calgary, Canada, compares it to disgust – an emotion that motivates us to stay away from certain situations. ‘If disgust protects humans from infection, boredom may protect them from “infectious” social situations,’ he suggests.引用元: Cambridge IELTS 13 Test 1

と書かれています。もちろん答えは「E」となります。

IELTSリーディングのマッチング系の問題に関するまとめ

いかがでしたでしょうか?

IELTSリーディングのマッチング系の問題が、「比較的」簡単そうに見えてきましたか?

  • 記述内容はすべて正しいので(検証作業がないので)T/F/NGよりは比較的簡単
  • ヘッドライン・マッチングは段落の要旨を掴むつもりで
  • インフォメーション・マッチングは出だしのフレーズに惑わされずに
  • 人物のマッチングでは引用句に注目

もしこの記事がお役に立ちましたら、恐れ入りますが、下のいずれかのボタンから記事をシェアをいただけましたら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。