avatar-frustrated-person

IELTS対策に悩んでいる人

IELTSのスピーキング・パート1で、最初から緊張してしまってうまく話せないことが多い・・・。IELTSのスピーキング・パート1をリラックスして臨むためにはどうしたらいいの?

今回の記事では、このような悩みを解決します。

この記事を読むと、IELTSのスピーキング・パート1で緊張してしまう理由を簡単に理解でき、IELTSのスピーキング・パート1を軽く乗り切るための対策を知ることができます。

avatar

Hibiki

実際に、初めてのIELTSのスピーキング試験ではスコア5.0だった私も、これから紹介する対策を実践して最終的にはスピーキング8.0を達成できました。

今回の記事では、IELTSのスピーキング・パート1で緊張してしまう理由とその対策を順番に解説しますので、最後までじっくりと読んでみてください。

パート2対策については、以下の記事も合わせてお読みください。

この記事を書いている筆者は、IELTS講師歴6年。日本では医師(麻酔科医)として活動。過去5回のIELTS試験でいずれも全科目7.0以上を達成しています。科目別最高スコアは、リスニング8.5、リーディング9.0、ライティング8.0、スピーキング8.0(Overall 8.5を保有)。

hibiki-result

執筆者の詳細プロフィール

IELTSのスピーキング・パート1で緊張してしまう理由は3つ

IELTSのスピーキングは、パート1からパート3の3つの部分で構成されており、パート1では主に自分の身の回りのことを尋ねられます。職業や学業のこと、住んでいる地域や故郷のことなどから始まり、簡単なテーマについていくつかの質問に答えていきます。

問題のレベル的には、その後に続くパート2やパート3に比べると簡単ですが、パート1から緊張してしまうという人もいるのではないでしょうか?そこで、まずはパート1で緊張してしまう理由を考えてみましょう。

  • ウォームアップができてない
  • 回答を不必要に長くしようとしている
  • 試験官と会話ができていない

ウォームアップができてない

多スピーキングのパート1が始まるまでにウォームアップが十分にできておらず、パート1が始まってから試験中にウォームアップをしていませんか?

そんなことをしていたら、ウォームアップが終わった頃には、スピーキングの試験も終盤にさしかかっている、なんてことになりかねません。

スピーキングの試験は、スポーツでいう試合です。試合が始まってからフィールドでウォームアップをする選手はいませんよね?試合が始まるまでに十分ウォームアップをして、自分のベストの状態で試合に臨むのがプロです。ですので、ウォームアップを十分にしてからスピーキングの試験に臨むようにしましょう。

回答を不必要に長くしようとしている

IELTSのスピーキングでは、なるべく長く答えた方がいい、と思っていませんか?

確かに、一言二言で回答を終わらせるよりも、もう少し説明や理由を加えて話す方がいいのですが、不必要に回答を長くしようとすると、自分で自分を追い込むことになってしまいます。

もちろん、たくさん話せそうなないようであればいいのですが、もう話すことがそれほどないのに無理矢理話を続けようとしても上手くいきません。パート1は思っているよりも多少短めに回答をしても大丈夫です。

試験官と会話ができていない

試験官と会話をしていますか?

IELTSは試験ですが、TOEFLなどのようにコンピュータの画面に向かって話をしているわけではありません。試験官という生身の人間を相手に話をするのですから、当然会話が成立しないといけません。

会話であることを忘れてしまうと、自分も楽しくありませんし、聞いている側も楽しくありません。また、リズムにも乗ることができませんので、不必要なぎこちなさを生んでしまいます。

IELTSのスピーキング・パート1をスムーズにスタートするための3つの対策

ウォームアップをする

warm-up

IELTSのスピーキング・パート1を無難に乗り切るための対策の1つ目は、午前中のウォームアップです。

筆記試験(リスニング・リーディング・ライティング)と同じ日にスピーキング試験がある方は、午後にスピーキング試験が実施されます。早い方だと筆記試験直後に行われますので、筆記試験が始まるまでにできればウォームアップをしておきたいところです。筆記試験からスピーキングの試験まで少し時間の余裕がある方は、お昼休みにウォームアップをしましょう。

ウォームアップは英語を実際に話すことが重要

スピーキングのパート1で失敗する原因の一つとして、ウォームアップ不足で口が思うように動かない、と言うことがあります。日本語と英語では使う口や顔の筋肉が違うため、普段英語を話し慣れていない方は試験で緊張してしまって上手く話せなくなることがしばしばあります。

これを避けるためには、当日、英語を実際に話しておくことが重要です。日本以外の国の方、特に英語圏で試験を受ける方であれば、試験会場に行くまでに街中で誰かに話しかければウォームアップができます。また、実際に試験会場に来ている人に英語で話しかけてもいいでしょう。

日本でIELTSを受ける人のためのウォームアップ方法

しかし、日本でIELTSを受ける人は、なかなか話し相手がいませんよね?そんなときには、以下の方法を試してみましょう。

  • 外国人の友人がいる人は事前にお願いをしておいてLINEやSkypeで話しをする
  • オンライン英会話のレッスンを予約しておく
  • 声を出してセルフトークをする

外国人の友人がいる人は、事前に日時を約束をしておき、5分でも10分でも通話をしましょう。それだけでも十分にウォームアップができるはずです。外国人の友人がいない、あるいは都合が合わないという場合は、オンライン英会話のレッスンを予約しておくといいでしょう。

それも難しい、という方は、セルフトークをおすすめします。これは、質問を自分で読んで、それに対して答える練習をするというものですが、このとき頭の中で回答をイメージするのではなく、なるべく実際に声に出して答えましょう。ただ、人前でするのはなかなか難しいですので、自分の車の中でするとか、日本であればカラオケルームなどでするというのも一つの方法です。

5分、10分のウォームアップがパート1のパフォーマンスを大きく変えます。是非、試してみてください。

回答は短めに

chat-bubble

パート1では、回答を少し短めにしてみましょう。もちろん、IELTSでは長く話せる(話したい意欲が感じられる)ということは評価の対象になりますので、是非そのようにしたいのですが、初めて対面する試験官の前で、いきなりリラックスして長々と話せるような人は、かなりハイレベルな人のはずです。

この記事を読んでいただいている方は、おそらくまだ緊張でパート1から上手く話せなくて困っている方だと思いますので、そういった方は、パート1は慣らし運転だと思って、少し短めに、無理のない範囲で答えるようにしてみてください。無理して長く答えようとすると、気合いが空回りしたり、不自然な話し方になってしまいます。

英語の見せ場は、その先いくらでもあります。本番でのウォームアップがしっかりできてからでも遅くありません。

試験官と会話を楽しむ

conversation

パート1を軽く乗り切るための最後の対策は、試験官と会話を楽しむ、ということです。

IELTSのスピーキング試験で緊張しないための対策でもありますが、「試験」と思うのではなく、試験官との「会話」だと思ってみましょう。海外に長く住んでおられる方はお分かりかと思いますが、試験官と受験生は対等な立場にあります。医者と患者もそうですが、すべてサービスを提供する側と受ける側という対等な立場にいます。

試験官は怖そうに見えるかもしれませんが、皆さんに質問をして、回答を聞いて、英語のレベルを評価するという「仕事」をしているだけです。決して皆さんを蔑んだりすることはありません。

どちらかというと、試験官の多くは、皆さんになるべくいいスコアを付けたいと思っています。ですので、リラックスをして会話を楽しむようにしてみてください。

スピーキング・パート1を軽く乗り切るための対策に関するまとめ

IELTSのスピーキング・パート1を軽く乗り切るための対策をまとめました。

  • しっかりウォームアップをしてから試験に臨みましょう
  • パート1では回答を無理に長くせず、多少短めにしてみましょう
  • 試験官と会話を楽しんでみましょう

もしこの記事がお役に立ちましたら、恐れ入りますが、下のいずれかのボタンから記事をシェアをいただけましたら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。