ネイティブ講師でも焦る

難しいトピック
当たったらどうする?

DIFFICULT TOPICS

IELTSスピーキングはやや特殊な試験かもしれません。特にパート2では、普段の会話ではあまり経験しないような「1〜2分間のスピーチ」を通して、「話し続ける力」が評価されます。トピックは試験官が選びますので、英検1級のスピーキング試験のように与えられたトピックから得意なものを選ぶというようなことができません。

そして不運にも「苦手なトピック」に当たることも往々にしてあります。ネイティブ講師であってもたじろぐような難しいトピックもあります。今回の記事では、IELTSスピーキングで満点(9.0)を達成しているプラスワンポイント講師 Tanya先生にもお話を伺いながら、もし試験で難しいトピックに遭遇してしまったらどう対処するのがいいのかをお話しします。

スピーキング・パート2は多くの人にとって鬼門

IELTSのスピーキング試験は、パート1からパート3まで3つのパートで構成されています。これから初めて試験を受ける方は、スピーキング試験全体の流れとそれぞれのパートの特徴を大まかに理解しておきましょう。

なかでも、パート2はその場で与えられた問題に対して、たった1分間の準備時間で「1〜2分間のスピーチ」をすることが求められます。日本語でも2分間も話し続けるということは滅多にありません。ましてや英語で2分間も話し続けるというようなことは普段の英会話ではあまり経験しないことです。

せっかくパート1を無難に乗り切ったのに、「パート2で失敗をして狙っていたスコアを達成できなかった」という悔しい思いをしたことがある方も多いでしょう。スコアメイクをする上で「パート2対策」は欠かせません。

パート2の出題問題は約50種類

実は、IELTSのスピーキング試験で出題される問題は期間ごとに決められています。年に3回入れ替えが行われ、その時期は1月・5月・9月と言われています。言い換えると、1月〜4月、5月〜8月、9月〜12月のそれぞれの期間は、同じ問題リストから出題されるということになります。

各期間に採用されているリストは概ね50種類ほどと言われており、上記の期間中は原則的に同じ問題のリストから出題されます。プラスワンポイントのIELTS対策講座の授業ではこのリストを繰り返し練習しながら対策をしていますが、出題される問題には「頻出トピック」がありますので、まずは頻出トピックを知るだけでもかなりの対策になります。

累計 2,500名以上が受講するPlusOnePoint
IELTS講師に
スピーキング対策を相談してみよう

無料IELTS学習相談

はこちら

頻出トピックを知る

パート2対策をする上でまずしておきたいことは、頻出トピックを知ることです。「人物」「場所」「もの」「出来事・イベント」のような頻出トピックについては繰り返し練習をしておきましょう。『サンプルアンサー【音声】付き IELTS高得点保有者が教えるスピーキング対策』をまだお読みでない方は、ぜひ先にお読みいただくことをおすすめいたします。

  • 人物(友人、家族、有名人など)
  • 場所(故郷、外国、歴史的な場所、お気に入りの場所など)
  • もの(携帯電話、本、映画など)

これらのテーマについては繰り返し出題されていますので、それぞれ最低でも2〜3分は話ができるように準備をしておきましょう。

実際にこれらのトピックごとにメモを作っていくのもいいでしょう。それぞれのテーマについてどのようなことを話せそうか(箇条書き)、その話をする上で使いたい表現がありそうか、描写に困る表現はないか、など。

練習メモの例

例えば、「人物」の中から「有名人」について話をすることを想定してみましょう。まずは、どのような項目について話を広げられそうかを箇条書きにしてみます。その際に役立つのは「5W1H」です。「いつ(when)」「どこで(where)」「だれ(who)」「何(what)」「なぜ(why)」「どのように(how)」を意識しながら、話せそうなことを書き出してみます。

練習メモの例
who
- Sir David Attenborough - Over 90 years old
- English broadcaster and natural historian
- famous for award-winning documentaries such as 'Blue Planet' and 'Natural World'
- written several books about nature
when
- first found out about him in first grade through my teacher
- teacher showed us one of his documentaries - relevant to what we were studying at the time
where
- first-grade classroom
- a large projector at the front of the classroom
- sat in front of the projector
- watched the documentary
- dark room - blinds closed / lights turned off
- very quiet
what
- 'Blue Planet'
- documentary about the ocean and its inhabitants
- didn't finish the documentary
why
- his documentaries are very interesting and informative
- campaigns against deforestation and pollution
how
- became famous through his career (BBC producer)
- gained more popularity as he was involved in the creation of several TV series
- reached the height of his popularity when he began his 'Life' series

次に、それぞれの項目について30秒ほど話せそうな内容をイメージしてみます。実際に独り言で話し見てみると、どこで詰まるかがはっきりします。

  • who
  • Sir David Attenborough is an English broadcaster and natural historian. He is currently over 90 years old and has been active for several decades. Although he is most famous for his documentaries, which include 'Blue Planet' and 'Natural World', he is also famous for writing several books about nature. He was awarded several prizes over the years for his documentaries.
  • when
  • I first found out about him in my first year of school when the teacher showed us one of his documentaries. If I remember correctly, the teacher showed us one of his documentaries because it was relevant to the topic which we were studying at the time. I think we were studying about the environment at the time, although I can’t say for sure.
  • where
  • The teacher made the students arrange their seats in front of a large projector, which was at the front of the classroom. The room was dark as all the blinds were closed and the lights were turned off. We were all quiet as we watched the documentary and I remember being totally enraptured by what was being shown to me.
  • what
  • The documentary was called ‘Blue Planet’, which I mentioned earlier. It was about the ocean and the marine life which inhabited it. We didn’t finish the documentary as it was two hours long and each class period was only about 50 minutes. We ended up finishing it on another day.
  • why
  • I like Sir David Attenborough as his documentaries are very interesting and informative. I have watched several of his documentaries over the years and they taught me a lot about nature and the environment. Furthermore, I really respect him because he campaigns against environmental destruction and climate change. I think it’s important that we consider the impact we have on the environment before it’s too late.
  • how
  • Sir David Attenborough became famous through his career as a television producer for the BBC. His fame increased as his career continued due to his involvement in the production of several popular TV series including 'Zoo Quest'. He reached the height of his fame in the late 70s when his 'Life on Earth' documentary series was released.

おしゃれな表現はほどほどに

このようにスピーキングで話す内容を準備しだすと、いろいろと「おしゃれな表現」を使いたくなります。もちろん練習では自分の知らなかった表現を取り入れていくことは大切ですが、もし試験が近いのであればあまり無理をしてはいけません。新しい表現を使うリスクも考えなければならないからです。

新しく覚えた表現を試験で使うリスクには次のようなものがあります。

  • ・正しい用法で使えているか分からない
  • ・表現に意識が行き過ぎてしまい、内容がギクシャクする
  • ・使いたい表現をうっかり忘れるとパニックになる
  • ・使い慣れていないので流暢に使いこなせない

新しい表現を試験で使うためには、少なくとも数回はネイティブ・スピーカーとの会話で使ってみてからにしましょう。意識をしなくても口から出てくるくらいのレベルになれば、いよいよ「自分の表現」として使ってもいいでしょう。

IELTSのスピーキングの採点は、流暢さ・首尾一貫性、語彙、文法、発音の4項目で評価されます。特に独学で勉強を勧めていると、「語彙」や「文法」に意識が行きがちですが、IELTSのスピーキング試験において最も意識したい部分は「流暢さ」です。「語彙」のスコアを上げようとして失敗し、しかも「流暢さ」が犠牲になったのでは決していいスコアは期待できません。スコア7.5〜8.0のレベルであればそれほど難しい表現や文法は必要ありませんので、普段の会話と同じように「自然に話せる」ことを意識して取り組みましょう。

難しいトピックに当たっても焦らない

パート2の問題は変えられない

  • パート2の問題は変更してもらうことはできますか?

このような質問をいただくことがありますが、残念ながらパート2の問題は変更をしてもらうことができません。難しい問題が与えられたとしても、諦めて答えることに集中しなければなりません。ただし、質問の内容が理解できない場合には、試験官に質問をすることはできます。これについては後ほどお話しします。

難しいトピックの例

人によって「難しい」と感じるトピックは異なりますが、プラスワンポイントの多くの受講生の方が「難しい」と感じる問題(実力者であってもパフォーマンスが落ちる問題)には、「法律・規則に関する問題」「歴史・文化に関する問題」「ビジネスに関する問題」などがあります。いずれも「普段あまり考えたことがないテーマ」「自分が興味のない分野」であることが多いですね。

法律・規則に関するトピック
Describe a law about the environment that you would like to see in your country.
・what the law would be about
・how the law would work
・what effects this law would have
explain why you think this law is needed.
ビジネスに関するトピック
Describe a successful small business that you know about.
・what business it is
・what this business does
・how you know about this business
explain why you think this company is successful.
文化・歴史に関するトピック
Describe a period in history that you would like to know more about.
・what period it was
・how you heard about this period
・what you know about this period
explain why you would like to know more about this period.

難しいトピックへの対処方法(実例)

では、不運にも試験でこのような難しいトピックに遭遇してしまったときには、どのように対処をすればいいのかを考えてみましょう。

問題が理解できないときは試験官に尋ねよう

まずは問題が理解できているかどうかを考えましょう。もし与えられたキュー・カード(トピック)が十分に理解できていないのであれば試験官にその旨を伝えましょう。

  • 問題が理解できない場合の聞き方の例
  • ・Could you please rephrase the question?
  • ・Could you clarify what you mean by ...?
  • ・Sorry, could you explain what ... means?

多くの場合、試験官はよりわかりやすい表現で説明をしてくれます。

IELTSのスピーキング試験は、「話す力」を評価することが最大の目的です。「聞き取る力」「読み取る力」ももちろん重要ではありますが、質問が聞き取れなかったから減点、質問を読んで理解できなかったから減点、というような試験ではありません。答えるべきことをクリアにして、話すことに集中しましょう。

頭の中で考えていることをそのまま英語にしよう

質問が理解できたとしても、何を話していいかわからないとき、あるいは頭の中が整理できないまま話し始める時間になってしまったときには、自分の頭の中で考えていることを「そのまま」英語で表現してみましょう。例えば、次のようなフレーズを使って、自分の頭の中で起こっていることを素直に試験官に伝えてみましょう。

  • 話すことがまとまらないときの話のつなぎ方の例
  • ・I’m not really familiar with ..., but if I had to guess I would say that ...
  • ・To be honest, I’ve never thought that much about ... before, but I think that ...
  • ・... isn’t something I really think about because it isn’t an area I’m really interested in (or familiar with), but if I had to give my opinion I would say ...

スピーキング試験の採点基準には、ライティング試験で見られているような「Task Response(質問への応答)」という評価項目がありません。ついついこのことを忘れがちですが、スピーキング試験は、基本的に「英語を話す能力」をメインで評価しているということを忘れないようにしましょう。あなたが「何を答えるか」ももちろん大事ではありますが、それ以上に大事なことは英語でどれだけのことを話せるかです。言い換えると、試験官が評価をする上で重きをおいているものは「内容」以前に「英語力」なのです。

難しいトピックほど自分の得意分野に引き込もう

トピックが難しければ難しいほど、早く終わらせたいという気持ちから話を端折りがちになります。与えられているブレットポイント(箇条書き)の質問にもさっと答えてしまい、さていよいよ話すことが無くなってしまった...という経験をお持ちの人も多いでしょう。

例えば自分の職業についてはおそらくたくさん練習をしているはずです。なんとかその話に少しでも関連させることができないか考えてみましょう。仮に15秒でも自分の「得意な話」に引き込むことができれば、流暢さのアピールにもなり、自分も流れに乗ることができます。

  • 自分の得意分野に引き込む話し方の例
  • (例)美術館の話
  • ・I’ve not had an opportunity to visit a historical museum as there aren’t many in the area where I’m living. But when I visited Japan last year, I visited a very old shrine in Kyoto ...
  • (例)ウォーター・スポーツの話
  • ・I’m honestly not very interested in trying a water sport because I don’t particularly like getting wet. So instead, I’m going to talk about a person I know who goes surfing every weekend.

もちろん、得意分野に意識的に話を逸らせたあとは本題に戻ってくる必要がありますので、そのような場合には以下のフレーズを使うとスムーズに話を戻すことができます。

  • 本題に話を戻すdiscourse markerの例
  • ・Anyway, ...
  • ・Anyhow, ...
  • ・Let’s get back on track.
  • ・Getting back to the main topic, ...

このように、ところどころで「自分の得意な話」「よく練習しているトピック」に関連付けることで2分間のスピーチを乗り切ることができます。そのためにも、頻出トピックを繰り返し練習しておくことは重要ですね。

難しいトピックへの答え方の一例

最後に、IELTSスピーキングで満点(9.0)を達成しているプラスワンポイント講師 Tanya先生によるサンプルアンサーをご紹介します。

Describe a successful small business that you know about.
You should say:
・what business it is
・what this business does
・how you know about this business
explain why you think this company is successful.

Script
There are many small businesses in the area where I live, especially in the town centre. One such small business is a family run restaurant called "The Curry House". This restaurant specialises in Indian cuisine, although it also serves quite a few Chinese and fusion dishes as well. All the dishes I've eaten there were extremely delicious. It is extremely popular and on the weekends, it is packed to the point that it is almost impossible to find a seat. At the moment, the area where I live is currently under lockdown and restaurants are only open for takeaway. I order takeaway from there at least once every two weeks. I found out about this restaurant through one of my high school friends, who I am still in contact with to this day. After finishing a particularly difficult exam, she very kindly offered treat me to lunch at "The Curry House". If I remember correctly, I ordered butter chicken with rice. Butter chicken is a curry made from tomatoes, cashew nuts and butter. Although the curry tasted very good, I was given a very large portion and I really struggled to finish it. The reason why this restaurant is so successful is because the prices are reasonable and the dishes they serve are of a very high quality. I am constantly surprised by the fact that they serve such large portions for such a low price. The staff are also very friendly and easy to talk to and I always order dishes that they recommend. If you ever get the chance, I think that you should give this restaurant a shot. I really don't think that you will regret it.

Describe a period in history that you would like to know more about.
You should say:
・what period it was
・how you heard about this period
・what you know about this period
explain why you would like to know more about this period.

Script
I really enjoy learning about history. So there are several periods I would definitely like to know more about. One such period is World War One, which is a wartime era which spans from 1914 to 1918. World War One is also known as the Great War by some given that it is the first worldwide conflict of the modern era. I'm honestly not sure if World War One is an appropriate name given that the vast majority of combatants were European. I found out about this period of history through my father, who often told me stories about my great grandfather when I was child. My great grandfather was an Australian soldier who enlisted in the army to fight on behalf of the British Empire. He was involved in the disastrous Gallipoli Campaign, which was an unsuccessful attempt by France, the British Empire and Russia, to weaken the Ottoman Empire. My father often told me about how my great grandfather was the only survivor of his regiment. Although most of what I know about this era is related to the Gallipoli Campaign, I also have some knowledge about how this war broke out. If I remember correctly, a Serbian partisan shot and killed Archduke Ferdinand, who was the heir to the Austro-Hungarian Empire. This caused Austro-Hungary to invade Serbia and consequently, military alliances formed throughout Europe. I would like to know more about this period, not only because of my family history, but because I have very knowledge about the conflicts which occurred throughout this period. I would especially like to know more about the Battle of the Somme and the Battle of Verdun, which are both major conflicts of the war.

まとめ

IELTSのスピーキング試験で難しいトピックに当たったらどう対処をするべきかについてお話ししました。百戦錬磨のIELTS講師であっても苦手な問題は存在します。絶対出てほしくないと思う問題ほど出題されるものです。運悪くそのような問題に出くわしたとしても、今回ご紹介したような方法でなんとか切り抜けられるように練習をしておきましょう。

累計 2,500名以上が受講するPlusOnePoint
IELTS講師に
スピーキング対策を相談してみよう

無料IELTS学習相談

はこちら

WRITER
PROFILE

Hibiki

Hibiki TAKAHASHI

日本語で学ぶIELTS対策専門スクール 『PlusOnePoint(プラスワンポイント)』創設者・代表。『英語ライティングの鬼100則』(明日香出版社)著者。1997年に大阪大学医学部を卒業後、麻酔科専門医として活躍。2012年渡豪時に自身が苦労をした経験から、日本人を対象に IELTS対策のサービスを複数展開。難しい文法・語彙を駆使するのではなく、シンプルな表現とアイデアで論理性・明瞭性のあるライティングを指導している。これまでの利用者は2,500名を超え、Twitterで実施した「12週間チャレンジ」では、わずか4週間で7.0、7週間で7.5など、参加者4名全員が短期間でライティングスコア7.0以上を達成(うち2名は7.5を達成)。「IELTSライティングの鬼」の異名を持つ。オーストラリア在住10年、IELTS 8.5(ライティング 8.0)、CEFR C2。

講師紹介ページはこちらから