avatar-frustrated-person

受講生

IELTSのライティング7.0ってものすごく遠い気がするんですけど、いつかは自分も取れるんですかね・・・?
avatar

Hibiki

ライティングの7.0はなかなか大変だね。でも、実は7.0の実力に到達しなくても7.0は取れるんだよ。実際、スクールの生徒さんの多くは7.0の実力に到達する前に合格しちゃうことがほとんどだからね。

この記事では、30%の実力でもスコアが取れてしまう理由について説明いたしますので、どうぞ最後まで是非お読みください。

コチラの記事も是非ご参照ください。

この記事を書いている筆者は、IELTS講師歴6年。日本では医師(麻酔科医)として活動。過去5回のIELTS試験でいずれも全科目7.0以上を達成しています。科目別最高スコアは、リスニング8.5、リーディング9.0、ライティング8.0、スピーキング8.0(Overall 8.5を保有)。

hibiki-result

執筆者の詳細プロフィール

30%程度の確率でも目標スコアは達成できる

実際のIELTSの試験で目標とするスコアを達成するためには、練習での確率を上げる必要があります

もちろん練習で100%の確率まで上げられれば理想的ですが、目指すスコアによってはなかなか時間がかかります。例えば、ライティングで7.0が必要な方が練習で100%の確率を目指すためには、どんなにできの悪いエッセイでも7.0は大丈夫、調子が良ければ7.5〜8.0がつくエッセイを書ける状態です(これはPlusOnePointで講師ができる状態です)。

残念ながら、限られた勉強期間の間にそのような状態にたどり着ける人はほとんどいません。多くの受験生の方が、ギリギリ7.0が取れるかどうかという状態、すなわち練習で30〜40%程度の確率にまで仕上がった状態で試験を受けることになります。

しかし、それでも目標スコアに到達するのです。なぜなら、多くの方は30%の実力になったら試験を定期的に受け始めるからです。期限が迫っておられる方であれば、少なくとも1〜2ヵ月に1回程度は受けておられるでしょう。そうなると、下の表の理論で、30%程度の実力であっても目標スコアが取れてしまうことがあるのです。

練習での確率合格するために必要な受験回数
20%5〜6回
30%3〜4回
50%2〜3回
70%以上1〜2回

100%の実力を目指す前に30%を目指そう

IELTSはモチベーションを維持するのが大変な試験です。スコアの刻みが大きい(19段階しかない)ため、なかなかスコアが伸びずに途中で諦めてしまう人もいます。

科目別に見るとライティングは対策が難しい科目です。特に7.0以上のハイスコアを目指していると、大きな壁を感じてしまうこともしばしばあります。

そういった場合は、100%の実力(どんな条件でも7.0が取れる実力)を付けることを第一目標にするのではなく、まずは30%程度の実力(3回に1回くらいは7.0が取れる実力)を目指してみましょう。

そう思うと気持ち的にも楽になりませんか?

30%の実力に到達したら実力を上げつつ試験を受け続けよう

練習で3回に1回くらいは目標のスコアが取れる実力がついてきたら、さらに練習での確率を上げつつ、試験を受ける頻度を上げていきましょう。そうすることで、得意な問題に出会ったり、簡単な問題にめぐり会う確率が上がります。

PlusOnePointの受講生の場合、

  • 確率30%の状態で3〜4回受験しているうちに目標スコアをクリアする
  • 確率50%くらいになって2〜3回受験して目標スコアをクリアする

のどちらかで合格する人がほとんどです。

ただし他の科目を安定させておくことが必須条件

30%の実力で目標スコアに到達するには、他の科目には全く問題がないことが大前提となります。

せっかく簡単な問題に巡り合わせてライティングで7.0が取れたのに、実はリスニングが6.5で・・・なんて話は、受講生でもよくあります。

普段から、苦手科目以外の練習もしっかりしておくことを強調していますが、それでもやはり後回しになってしまいがちです。苦手科目にフォーカスをするためにも、他の科目のスコアをしっかり安定させておきましょう。

特に、リスニング、リーディングは継続的な練習が重要です。過去の試験で一度いいスコアが取れたからといって安心していると足元をすくわれます。最低でも週に1セットは解くなどして、常に実力を確認しておきましょう。

ちなみに、4科目とも30%の実力の状態で受験をすると目標スコアを達成できる確率は0.8%(0.3の4乗)です。当然ですが、これでは100回受けてもスコアはクリアできませんね。

30%の実力でスコアを達成する方法のまとめ

5.5〜6.0のミドルレンジ狙いの方はリーディングが課題の人も多いでしょう。6.5以上のハイスコア狙いの方はおそらくライティングが課題でしょう。

苦手な科目以外のスコアが安定させつつ、苦手科目の実力が30%程度を目指して、合格の確率を上がていきましょう!

もしこの記事がお役に立ちましたら、恐れ入りますが、下のいずれかのボタンから記事をシェアをいただけましたら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。