IELTSの正答数とスコア・採点基準(Band Descriptors)

リスニングの採点基準(正解数とスコア)

IELTSのリスニング試験は40問で構成されています。アカデミック・ジェネラルとも同じ問題が出題されます。4つのセクションに分かれており、Section 1からSection 4までそれぞれ10問ずつ出題されます。スピーチの内容はセクションが進むほど難しくなります。

スコア 9.0 8.5 8.0 7.5 7.0
正答数 39-40 37-38 35-36 32-34 30-31
スコア 6.5 6.0 5.5 5.0 4.5
正答数 26-29 23-25 18-22 16-17 13-15
スコア 4.0 3.5 3.0 2.5 2.0
正答数 10-12 8-9 6-7 4-5 3

リーディングの採点基準(正解数とスコア)

IELTSのリーディング試験は40問で構成されています。3つのセクションに分かれています。アカデミックとジェネラルでは異なる問題が出題されます。

アカデミック

アカデミックのリーディング試験では、長文が3つ出題されます。Passage 1からPassage 3までそれぞれ13-14問ずつ出題されます。長文の難易度はほぼ同じですが、Passage 1はやや容易な傾向にあり、Passage 3はやや難しい傾向にあります。

スコア 9.0 8.5 8.0 7.5 7.0
正答数 39-40 37-38 35-36 33-34 30-32
スコア 6.5 6.0 5.5 5.0 4.5
正答数 27-29 23-26 19-22 15-18 13-14
スコア 4.0 3.5 3.0 2.5 2.0
正答数 10-12 8-9 6-7 4-5 3

ジェネラル

ジェネラルのリーディング試験では、長文が1つ、短文が4つ出題されます。Section 1とSection 2は、それぞれさらに2つのパートに分かれており(短文が合計4つ)、Section 3は長文が1問出題されます。Section 1からSection 3までそれぞれ13-14問ずつ出題されます。長文の難易度はアカデミックとほぼ同じですが、質問に使われる用語などは比較的容易になっています。

スコア 9.0 8.5 8.0 7.5 7.0
正答数 40 39 37-38 36 34-35
スコア 6.5 6.0 5.5 5.0 4.5
正答数 32-33 30-31 27-29 23-26 19-22
スコア 4.0 3.5 3.0 2.5 2.0
正答数 15-18 12-14 9-11 6-8 4-5

ライティング採点基準(Band Descriptors)

最後に、ライティング・スピーキングの採点基準(Band Descriptorsと呼びます)を紹介いたします。

多くの方が狙うスコアである5.0〜8.0の範囲に絞って解説します。

ライティング・タスク1の採点基準

Band 8
Band 8
TA
  • covers all requirements of the task sufficiently
    (問題の要求に対して全て十分に回答している)
  • presents, highlights and illustrates key features/bullet points clearly and appropriately
    (主要な特徴/箇条書きの質問について明瞭かつ適切に説明ができている)
CC
  • sequences information and ideas logically
    (情報やアイデアを論理的に繋げている)
  • manages all aspects of cohesion well
    (繋がりに関する全ての面がコントロールされている)
  • uses paragraphing sufficiently and appropriately
    (十分かつ適切に段落分けがされている)
LR
  • uses a wide range of vocabulary fluently and flexibly to convey precise meanings
    (正確な意味を伝えるのに必要な幅広い語彙が流れよく柔軟に使用している)
  • skilfully uses uncommon lexical items but there may be occasional inaccuracies in word choice and collocation
    (レベルの高い語彙を巧みに使っているが時にワードチョイスやコロケーションに不正確さを伴う)
  • produces rare errors in spelling and/or word formation
    (スペリングやワードフォーメーションの間違いはほぼない)
GR
  • uses a wide range of structures
    (幅広い構文を使用している)
  • the majority of sentences are error-free
    (大半の文章に間違いがない)
  • makes only very occasional errors or inappropriacies
    (文法の間違いは極めてまれである)
Band 7
Band 7
TA
  • covers the requirements of the task
    (問題の要求をカバーしている)
  • (Academic) presents a clear overview of main trends, differences or stages
    (アカデミック:主なトレンド・違い・段階の全体像を明示している)
  • (General Training) presents a clear purpose, with the tone consistent and appropriate
    (ジェネラル:手紙の目的を明示しており、文調が一定かつ適切である)
  • clearly presents and highlights key features/bullet points but could be more fully extended
    (主要な特徴/箇条書きの質問について説明しているがやや説明不足な部分も残る)
CC
  • logically organises information and ideas; there is clear progression throughout
    (情報やアイデアを論理的に展開できており、全体としての進行が明らかである)
  • uses a range of cohesive devices appropriately although there may be some under/overuse
    (様々なつなぎ言葉が適切に使われいるが、その使用において多寡が見られる)
LR
  • uses a sufficient range of vocabulary to allow some flexibility and precision
    (十分な範囲の語彙を使用することである程度の柔軟さと正確さを示すことができている)
  • uses less common lexical items with some awareness of style and collocation
    (レベルの高い語彙を巧みに使っており、使い方やコロケーションにも多少意識した使い方をしている)
  • may produce occasional errors in word choice, spelling and/or word formation
    (ワードチョイス、スペリングやワードフォーメーションに時折間違いが見られる)
GR
  • uses a variety of complex structures
    (様々な重文・複文を使用している)
  • produces frequent error-free sentences
    (間違いのない文章が多い)
  • has good control of grammar and punctuation but may make a few errors
    (文法・句読点のコントロールがよいが間違いも散見される)
Band 6
Band 6
TA
  • addresses the requirements of the task
    (問題の要求に言及している)
  • (Academic) presents an overview with information appropriately selected
    (アカデミック:適切に情報を選んで全体像を示している)
  • (General Training) presents a purpose that is generally clear; there may be inconsistencies in tone
    (ジェネラル:手紙の目的が概ね明らかであるが、文調が必ずしも一定ではない)
  • presents and adequately highlights key features/bullet points but details may be irrelevant, inappropriate or inaccurate
    (主要な特徴/箇条書きの質問について説明しているが、無関係・不適切・不正確な説明を伴う)
CC
  • arranges information and ideas coherently and there is a clear overall progression
    (情報やアイデアを首尾一貫性を持って説明できており、全体としての進行が明らかである)
  • uses cohesive devices effectively, but cohesion within and/or between sentences may be faulty or mechanical
    (つなぎ言葉が効果的に使われいるが、文章内・文章間の繋がりに欠ける、または機械的である)
  • may not always use referencing clearly or appropriately
    (指示語が必ずしも明確かつ正確に使われていない)
LR
  • uses an adequate range of vocabulary for the task
    (問題に対する十分な範囲の語彙を使用できている)
  • attempts to use less common vocabulary but with some inaccuracy
    (レベルの高い語彙に挑戦しているがいくぶんかの不正確さを伴う)
  • makes some errors in spelling and/or word formation, but they do not impede communication
    (スペリングやワードフォーメーションに時折間違いが見られるが、意味を阻害する物ではない)
GR
  • uses a mix of simple and complex sentence forms
    (単文と重文・複文を併用している)
  • makes some errors in grammar and punctuation but they rarely reduce communication
    (文法・句読点の間違いはあるが意味を阻害するのはまれである)
Band 5
Band 5
TA
  • generally addresses the task; the format may be inappropriate in places
    (概ね問題の要求に言及している/随所においてフォーマットが不適切である)
  • (Academic) recounts detail mechanically with no clear overview; there may be no data to support the description
    (アカデミック:全体像が明らかではなく詳細を機械的に述べているだけである。記述を裏付けるデータがない。)
  • (General Training) may present a purpose for the letter that is unclear at times; the tone may be variable and sometimes inappropriate
    (ジェネラル:手紙の目的がしばしば不明瞭である。文調が一定ではなく時に不適切である。)
  • presents, but inadequately covers, key features/bullet points; there may be a tendency to focus on detail
    (主要な特徴/箇条書きの質問について不十分ではあるものの示されており、無関係・不適切・不正確な説明を伴う)
CC
  • presents information with some organisation but there may be a lack of overall progression
    (情報をある程度整理して示しているが、全体としての進行に欠ける)
  • makes inadequate, inaccurate or over- use of cohesive devices
    (つなぎ言葉の不足、不正確さ、多寡がみられる)
  • may be repetitive because of lack of referencing and substitution
    (代名詞・指示語が使われていないため繰り返しが見られる)
LR
  • uses a limited range of vocabulary, but this is minimally adequate for the task
    (限られた範囲の語彙を使用しているが、問題に対する最低限の回答としては十分である)
  • may make noticeable errors in spelling and/or word formation that may cause some difficulty for the readerbr>(スペリングやワードフォーメーションに顕著な間違いが見られ、読み手の理解を阻害することもある)
GR
  • uses only a limited range of structures
    (非常に限られた構文のみ使用している)
  • attempts complex sentences but these tend to be less accurate than simple sentences
    (重文・複文に挑戦しているが単文に比べて不正確である)
  • may make frequent grammatical errors and punctuation may be faulty; errors can cause some difficulty for the reader
    (文法・句読点の間違いがしばしばあり、読み手の理解を阻害することもある)

ライティング・タスク2の採点基準

Band 8
Band 8
TR
  • sufficiently addresses all parts of the task
    (問題の全ての部分について十分に言及している)
  • presents a well-developed response to the question with relevant, extended and supported ideas
    (関連性のある幅広いサポートアイデアを用いて十分に回答が展開が示されている)
CC
  • sequences information and ideas logically
    (情報やアイデアを論理的に繋げている)
  • manages all aspects of cohesion well
    (繋がりに関する全ての面がコントロールされている)
  • uses paragraphing sufficiently and appropriately
    (十分かつ適切に段落分けがされている)
LR
  • uses a wide range of vocabulary fluently and flexibly to convey precise meanings
    (正確な意味を伝えるのに必要な幅広い語彙が流れよく柔軟に使用している)
  • skilfully uses uncommon lexical items but there may be occasional inaccuracies in word choice and collocation
    (レベルの高い語彙を巧みに使っているが時にワードチョイスやコロケーションに不正確さを伴う)
  • produces rare errors in spelling and/or word formation
    (スペリングやワードフォーメーションの間違いはほぼない)
GR
  • uses a wide range of structures
    (幅広い構文を使用している)
  • the majority of sentences are error-free
    (大半の文章に間違いがない)
  • makes only very occasional errors or inappropriacies
    (文法の間違いは極めてまれである)
Band 7
Band 7
TR
  • addresses all parts of the task
    (問題の全ての部分について言及している)
  • presents a clear position throughout the response
    (終始、明確なポジションが示されている)
  • presents, extends and supports main ideas, but there may be a tendency to overgeneralise and/or supporting ideas may lack focus
    (メインアイデアを示し展開・サポートしているが、一般化しすぎる傾向にありサポートの論点がずれていることもある)
CC
  • logically organises information and ideas; there is clear progression throughout
    (情報やアイデアを論理的に展開できており、全体としての進行が明らかである)
  • uses a range of cohesive devices appropriately although there may be some under/overuse
    (様々なつなぎ言葉が適切に使われいるが、その使用において多寡が見られる)
LR
  • uses a sufficient range of vocabulary to allow some flexibility and precision
    (十分な範囲の語彙を使用することである程度の柔軟さと正確さを示すことができている)
  • uses less common lexical items with some awareness of style and collocation
    (レベルの高い語彙を巧みに使っており、使い方やコロケーションにも多少意識した使い方をしている)
  • may produce occasional errors in word choice, spelling and/or word formation
    (ワードチョイス、スペリングやワードフォーメーションに時折間違いが見られる)
GR
  • uses a variety of complex structures
    (様々な重文・複文を使用している)
  • produces frequent error-free sentences
    (間違いのない文章が多い)
  • has good control of grammar and punctuation but may make a few errors
    (文法・句読点のコントロールがよいが間違いも散見される)
Band 6
Band 6
TR
  • addresses all parts of the task although some parts may be more fully covered than others
    (問題の全ての部分について言及しているが、言及が少ない部分もある)
  • presents a relevant position although the conclusions may become unclear or repetitive
    (適切なポジションが示されているが結論が不明瞭または繰り返しである)
  • presents relevant main ideas but some may be inadequately developed/unclear
    (適切なメインアイデアを示しているが展開が不十分または不明瞭である)
CC
  • arranges information and ideas coherently and there is a clear overall progression
    (情報やアイデアを首尾一貫性を持って説明できており、全体としての進行が明らかである)
  • uses cohesive devices effectively, but cohesion within and/or between sentences may be faulty or mechanical
    (つなぎ言葉が効果的に使われいるが、文章内・文章間の繋がりに欠ける、または機械的である)
  • may not always use referencing clearly or appropriately
    (指示語が必ずしも明確かつ正確に使われていない)
LR
  • uses an adequate range of vocabulary for the task
    (問題に対する十分な範囲の語彙を使用できている)
  • attempts to use less common vocabulary but with some inaccuracy
    (レベルの高い語彙に挑戦しているがいくぶんかの不正確さを伴う)
  • makes some errors in spelling and/or word formation, but they do not impede communication
    (スペリングやワードフォーメーションに時折間違いが見られるが、意味を阻害する物ではない)
GR
  • uses a mix of simple and complex sentence forms
    (単文と重文・複文を併用している)
  • makes some errors in grammar and punctuation but they rarely reduce communication
    (文法・句読点の間違いはあるが意味を阻害するのはまれである)
Band 5
Band 5
TR
  • addresses the task only partially; the format may be inappropriate in places
    (問題に部分的にしか言及していない/随所においてフォーマットが不適切である)
  • expresses a position but the development is not always clear and there may be no conclusions drawn
    (ポジションが示されているが必ずしも明瞭ではなく結論に到達できていない場合もある)
  • presents some main ideas but these are limited and not sufficiently developed; there may be irrelevant detail
    (メインアイデアがいくつか示されているが限定的で十分に展開されていない/詳細の説明が無関係な内容である)
CC
  • presents information with some organisation but there may be a lack of overall progression
    (情報をある程度整理して示しているが、全体としての進行に欠ける)
  • makes inadequate, inaccurate or over- use of cohesive devices
    (つなぎ言葉の不足、不正確さ、多寡がみられる)
  • may be repetitive because of lack of referencing and substitution
    (代名詞・指示語が使われていないため繰り返しが見られる)
LR
  • uses a limited range of vocabulary, but this is minimally adequate for the task
    (限られた範囲の語彙を使用しているが、問題に対する最低限の回答としては十分である)
  • may make noticeable errors in spelling and/or word formation that may cause some difficulty for the readerbr>(スペリングやワードフォーメーションに顕著な間違いが見られ、読み手の理解を阻害することもある)
GR
  • uses only a limited range of structures
    (非常に限られた構文のみ使用している)
  • attempts complex sentences but these tend to be less accurate than simple sentences
    (重文・複文に挑戦しているが単文に比べて不正確である)
  • may make frequent grammatical errors and punctuation may be faulty; errors can cause some difficulty for the reader
    (文法・句読点の間違いがしばしばあり、読み手の理解を阻害することもある)

スピーキングの採点基準(Band Descriptors)

Band 8

Band 8
FC
  • speaks fluently with only occasional repetition or self-correction; hesitation is usually content-related and only rarely to search for language
    (時に繰り返しや言い直しがあるものの流暢に話せる/口ごもりは話す内容によるもの言語を探すことはまれ)
  • develops topics coherently and appropriately
    (トピックから逸脱せず適切に展開できる)
LR
  • uses a wide vocabulary resource readily and flexibly to convey precise meaning
    (正確な意味を伝えるのに容易にかつ柔軟に幅広い語彙を使える)
  • uses less common and idiomatic vocabulary skilfully, with occasional inaccuracies
    (レベルの高い語彙やイディオムを巧みに使っているが時に不正確さを伴う)
  • uses paraphrase effectively as required
    (必要な場面で効果的に言い換えをしている)
GR
  • uses a wide range of structures flexibly
    (幅広い構文を柔軟に使用している)
  • produces a majority of error-free sentences with only very occasional inappropriacies or basic/non-systematic errors
    (大半の文章に間違いがなく不適切さや基本的な間違いは非常にまれ)
PR
  • uses a wide range of pronunciation features
    (幅広い発音の特徴を使用している)
  • sustains flexible use of features, with only occasional lapses
    (時に間違いはあるものの発音の特徴を柔軟に終始再現できる)
  • is easy to understand throughout; L1 accent has minimal effect on intelligibility
    (終始、容易に理解できる/第一言語のアクセントが理解に与える影響は最小限)

Band 7

Band 8
FC
  • speaks at length without noticeable effort or loss of coherence
    (明らかな努力なしに一貫性を失うことなく長い文章を話すことができる)
  • may demonstrate language-related hesitation at times, or some repetition and/or self-correction
    (言語に関連する口ごもりが時々見られ、繰り返し・言い直しもある)
  • uses a range of connectives and discourse markers with some flexibility
    (さまざまな接続語や談話標識をある程度の柔軟性を持って使用している)
LR
  • uses vocabulary resource flexibly to discuss a variety of topics
    (さまざまなトピックを議論するための柔軟な語彙を示せている)
  • uses some less common and idiomatic vocabulary and shows some awareness of style and collocation, with some inappropriatechoices
    (レベルの高い語彙を巧みに使っており、使い方やコロケーションにも多少意識した使い方をしている)
  • uses paraphrase effectively
    (効果的に言い換えをしている)
GR
  • uses a range of complex structures with some flexibility
    (様々な重文・複文をある程度の柔軟性を持って使用している)
  • frequently produces error-free sentences, though some grammatical mistakes persist
    (間違いのない文章が多いが、いくつかの文法の間違いも残る)
PR
  • shows all the positive features of Band 6 and some, but not all, of the positive features of Band 8
    (Band 6のポジティブな特徴を全て示せており、全てではないもののBand 8のポジティブな特徴を一部示せている)

Band 6

Band 8
FC
  • is willing to speak at length, though may lose coherence at times due to occasional repetition, self-correction or hesitation
    (長く話すことに意欲を感じるが、繰り返し・言い直し・口ごもりによりしばしば一貫性を失いがち)
  • uses a range of connectives and discourse markers but not always appropriately
    (さまざまな接続語や談話標識を使用しているが必ずしも適切ではない)
LR
  • has a wide enough vocabulary to discuss topics at length and make meaning clear in spite of inappropriacies
    (トピックを議論するための十分に幅広い語彙をもっており、不正確さがあるが意味を明確に伝えられている)
  • generally paraphrases successfully
    (概ね言い換えに成功している)
GR
  • uses a mix of simple and complex structures, but with limited flexibility
    (単文と重文・複文を併用しているが、柔軟性は限定的)
  • may make frequent mistakes with complex structures though these rarely cause comprehension problems
    (重文・複文ではしばしば間違いがあるが意味を阻害することはまれである)
PR
  • uses a range of pronunciation features with mixed control
    (さまざまな発音の特徴をさまざまなレベルでコントロールしながら使っている)
  • shows some effective use of features but this is not sustained
    (いくつかの発音の特徴を示せているが持続できない)
  • can generally be understood throughout, though mispronunciation of individual words or sounds reduces clarity at times
    (概ね理解可能だが、ここの単語の発音の間違いにより伝わりにくいことがしばしばある)

Band 5

Band 8
FC
  • usually maintains flow of speech but uses repetition, self correction and/or slow speech to keep going
    (概ねスピーチの流れを維持できるが、繰り返し・言い直し・スロースピーチが見られる)
  • may over-use certain connectives and discourse markers
    (いくつかの接続語や談話標識を過剰に使用している)
  • produces simple speech fluently, but more complex communication causes fluency problems
    (単純なスピーチは流暢に話せるが、より複雑な会話では流暢さが落ちる)
LR
  • manages to talk about familiar and unfamiliar topics but uses vocabulary with limited flexibility
    (トピックにかかわらず話そうとするが語彙は現的的である)
  • attempts to use paraphrase but with mixed success
    (言い換えに挑戦するが成功する場合も失敗する場合もある)
GR
  • produces basic sentence forms with reasonable accuracy
    (基本的な文章をそれなりの正確性をもって話せる)
  • uses a limited range of more complex structures, but these usually contain errors and may cause some comprehension problems
    (大半の文章に間違いがなく不適切さや基本的な間違いは非常にまれ)
PR
  • shows all the positive features of Band 4 and some, but not all, of the positive features of Band 6
    (Band 4のポジティブな特徴を全て示せており、全てではないもののBand 6のポジティブな特徴を一部示せている)