Shadow
Slider

合格者・受講生の声

合格者の声

Takaaki Mori様

Overall 7.5+全科目7.0以上達成!!
受講前:L 6.5 R 8.5 W 6.0 S 6.5
受講後:L 7.5 R 7.5 W 7.0 S 7.0

reslut_s_s

※画像をクリックすると拡大します。

 独学や他のスクールに通ってIELTSの勉強を行って、Speaking, Writing ともに6.5までは到達することが出来たものの目標である7.0にはなかなか届かずPlus One Pointの受講を決めました。

 Writingは高得点を撮るためには、難しい語彙や構文を使うべきだと思っていたのですがその考えを一切捨てるようにいわれ、Task response, Coherence and Cohesion を中心に指導して頂いたおかげで最終的に7.0をとることが出来ました。

 Speakingも日本人の特徴かもしれませんが、質問にWritingと同じように正しく答えないといけないと思っていたのですが、それがFluencyを悪くしていたので、難しい問題やわからない問題を「わからない」ということと、実際の過去問を使いながらPart2,3の練習をすることでこちらも7.0を取得することが出来ました。

 Live講座では他の生徒さんのエッセイやスピーキングを聞く事でモチベーションの維持につながりましたし、担任レッスンでは個々にあわせた指導をして頂けたおかげで目標スコアに到達する事が出来ました。色々な先生にご指導頂きありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

Keiko Inoue様

Overall 8.0+全科目7.0以上達成!!
受講前:L 6.0 R 6.0 W 6.0 S 5.5
受講後:L 8.5 R 8.0 W 7.0 S 7.5

KI_IELTS_result

※画像をクリックすると拡大します。

 IELTSのGeneralとAcademic両方の受験が必要で、勉強方法を模索していて、こちらのサイトに辿り着きました。独学の間違った試験対策で時間を無駄にしてしまわないよう、早い段階で受講を決めました。

 講座では、IELTSを熟知した講師陣が、受講生全員がしっかり理解できるまで解説してくださいました。仕事のスケジュールに合わせて週に2~3回Live講座を受け、合間に自己学習、数週間に一度は担任レッスンの機会があり、試験に向けて講座の受講頻度の調整や自己学習方法のアドバイスなど、進行状況に応じて的確なアドバイスをいただけてとても心強かったです。Generalで7.0を達成して、Academicに転向してから思うように点数が伸びず悩んでいましたが、担任レッスンでMomo先生につまずいていた原因をズバリ指摘していただき、次の試験で自己最高のスコアで目標を達成できました。長期にわたるIELTSへの挑戦で、なかなか目標スコアが取れずあきらめそうになりましたが、Live講座に参加し他の受講生の頑張っている姿に刺激を受け、モチベーションを維持していくことができました。

 ライティングでは、最初の頃にHibiki先生に私の書いたエッセイを見て「このエッセイを直すには根が深い」と言われてショックを受けました。でも早い段階でこの間違いを修正していけたので本当に良かったです。独学だと、間違ったままの学習を続けて、莫大な時間を無駄にしていたかもしれないと思うとゾッとします。スピーキングは、実際に出題される問題リストがあるのがPlusOnePointの最大のメリットのひとつです!実際の試験でも、練習したことがある問題が出たので焦ることなく話せました。試験下でガチガチになってしまう事がずっとネックだったのですが、Mika先生にとても具体的なアプローチの仕方をしっかり伝授していただいたのと、本番さながらのスピーキングチャレンジ、パート2対策、パート3対策講座などを繰り返し受けることで、徐々に自然なスピーキングができるようになっていきました。

 結果として、練習でも取ったことのないスピーキング7.5、そして目標スコアを1.0も上回るOverall 8.0を取った時は嬉しすぎて号泣しました。いつの間にこんな実力がついていたんですね。IELTSの学習を通して実感しましたが、やはり7の壁は高いです。ネットでは無料のコンテンツや情報が溢れていますが、プロのアドバイスを受けるのが一番の近道です。

 最近はPlusOnePointのサイトのコンテンツがかなり充実し、自己学習の大きなサポートになると思います。毎日のようにアップデートされていますし、要望もどんどん取り入れてくださいます。どんどん進化していくPlusOnePointです。自分の夢を叶える大きなステップを踏み出すお手伝いをしてくださった皆様に、言葉では言い表せないほど感謝しています。ありがとうございました!

 ※現在はプラスワンポイントの講師として活躍中です。





Mitsuteru Kawano様

Overall7.0+全科目6.5以上達成!!
受講前:L 5.0 R 5.5 W 5.0 S 5.0
受講後:L 6.5 R 6.5 W 7.0 S 6.5

MK_IELTS_result_mosaic

※画像をクリックすると拡大します。

 私の目標は、限られた時間の中で最低でも「Overall 6.5+全科目6.0以上」を取得することでした。ライティングやスピーキングの明確な採点基準もよくわからないままいろいろな勉強方法を模索している中で、偶然にもPlusOnePointに出会い「日本語で理解できる」ということに惹かれ、即決したのを覚えています。

 約1年間でライティングは100本弱のフィードバックを受けさせていただきました。PlusOnePointの様々な趣向をこらした、参加する受講生のレベルやモチベーションにあった講座を受講し続けた結果、この度、最低限必要だったスコア以上の「Overall 6.5+全科目6.5以上」を取得できました。本当にありがとうございました。

 プライベートレッスンは言うまでもなく、PlusOnePointの最大の魅力は、『Live!講座』と呼ばれる少人数グループレッスンで適度な緊張感の中で勉強できることだと思います。この緊張感を保ち続けることは自習の何倍もの効果があると感じています。

 ライティングの私の中での転機は「10分間プランニング」(現:Writing Task 2 Preparation講座)という講座でした。日本語でプランニングをし英語にするだけの状態までもっていくことで、採点基準の項目であるタスク・リスポンスやコヒアランス・コヒージョンの向上を図るというものでした。これによりエッセイを書くスピードも飛躍的に上がったのを覚えています。「自分が書きたいアイデアではなく、誰もが納得できるわかりやすい書きやすいメンストリームアイデアを選ぶ」+「日本語でプランニングをすることにより話の逸れを防ぐ」のアドバイスを常に意識してきました。「書きたいアイデアと書けるアイデアは違う」、この金言を風呂場に掲げ、常に目に入るようにしました。

 スピーキングに関しては、時に本番の試験以上の緊張感のあるLive!講座で鍛えることができました。エピソード風に話す、ビジュアライズ(ピクチャライズ)する、ブレットポイントを気にしない、話をつかいまわす、引き出しを多く持つ、などの貴重なアドバイスにより、特に最後の1、2か月で伸びたような気がします。受講当初にはほとんど話せず(ロングポーズが多かった)、採点基準の一つである流暢さ(Fluency)に「4」のスコアがつき、数時間放心状態だった時を考えると嘘のようです。

 リスニングとリーディングは少し放置状態であったため、もう少し早めに対策すればよかったと後悔しています。『道場』と呼ばれる特訓講座でのHibiki先生のビデオによる解き方は非常に参考になりました。リーディングでは、問題と文章を交互に読んでいく、文章に問題番号をメモしておく、問題のタイプによって事前に問題全て目を通すかどうかを使い分ける、リスニングでは、事前に目を通すのは選択問題だけに集中する、スペリングを侮らない、などなど。これらを意識してやることでなんとかギリギリ最低限の目標を超えることができました。

 PlusOnePointの講師の方に鍛えていただきながら、私が勝手に設定した「同志」の方々から新しい単語や文法、表現などを盗ませていただいては忘れてを繰り返しながら、なんとか最低限+αくらいのスコアを出すことができました。何度もプリントアウトしたマテリアルを破りました。涙も出たような気がします。優秀な同志が次々に卒業していく中、焦りや不安でくじけそうになりましたが、Live!講座に強制的に参加することでモチベーションを維持できました。

 まだまだ書き足りませんが、これ以上書くと朝になってしまいそうなのでこの辺りで筆を置きます。今後、実践の場ではOverall 6.5程度では全く歯が立たないだろうと痛感しています。よって、半年間程度の受講延長を決め、「全科目7.0以上」を目指します。

 本当にありがとうございました。そして、今後ともよろしくお願いいたします。



R.I様

全科目7.0以上達成!!
受講前:L 6.0 R 5.5 W 5.0 S 5.5
受講後:L 7.0 R 7.5 W 7.0 S 7.0

RI_result_mosaic

※画像をクリックすると拡大します。

 これまでハードながらも、中堅として仕事に充実感を感じていたのですが、仕事上のごたごたで体調を崩し、はたと自分は何かやり残していることがあるのではないか、と思ったのが留学を考えたきっかけです。

 ただ、会社からの派遣は条件があわず、私費での留学を検討しはじめたため、サポートも情報も乏しく、どのように手をつけていいかわからないときに出会ったのがPlusOnePointでした。以前TOEFLは10年以上前に受けたことがあったのですが、IELTSはまったくの素人で、特にWritingは何を書いていいのかわからない、チンプンカンプンの状態でした。(当時のスコアは5.0でした・・・)

 しかも、私費で考えているとなかなか周囲に励ましあう仲間もいなく、とても孤独な状態でした。ただでさえ、仕事のプレッシャーがある中で、スコアも伸び悩み、本当にそもそも留学なんかいってもいいのか、自分は結局やってもできないのではないか、と自分の不甲斐なさに落ち込んだことも多々ありました。

 そんな私がなんとか卒業できたのは、PlusOnePointの個性的な先生方、受講生の同志からの叱咤激励と素晴らしい授業のおかげです。

 まず、PlusOnePointの先生方ですが、PlusOnePointの先生チームはよくできています。北風と太陽がいます。Hibiki先生は、教材作りやテクニック伝授の天才ですが、とても厳しく指導してくださいます(笑)。でもでも、その厳しさには愛があります。そしてHibiki先生には、知恵と最高のテクニックがあります。みなさん、信じてついていくことをお勧めします。あそこまでIELTSを研究して、テクニックをメソッド化できる方は、世界を探してもそうそういらっしゃらないと思います。目標達成のために、厳しく指導してくれたHibiki先生には感謝しかありません。

 太陽は、女性講師陣の女神さまたち。Momo先生やChikako先生の声に癒されたり、Rie先生のおかんのような豪快な爆笑に勇気付けられたり、Mika先生の素朴な感じに癒されたり。私が本当に落ち込んでいたときに、元気づけてくれた無料カウンセリングのセッションには救われました。Mika先生が、いつも「Rさんならできる」といい続けてくださって、「ほんとにそうなのか?」と思っていました。今思うと、誰かが言い続けてくれたことで、心が折れなかっただろうなあと感謝しかありません。その他、Joe先生も「君はpotentialがある」と私がへこんでいたときにスピーキングのメソッドを教えてくださったり、Speaking part2のサンプル動画のYulica先生のスピーチも大好きで癒されていました。

 ここには書ききれませんが、PlusOnePointにはたくさんの先生がいらっしゃって、それぞれの先生の個性に、私は助けられました。講師の皆様には感謝してもしきれません。そして、受業生も次々卒業していく中、受講生の同志Mさんの存在も大きかったです。Mさんと授業で一緒のたびに、この人も大変な中がんばってるし、しんどいのは一緒やから私もがんばろうと励まされていました。ありがとうございました、Mさん!

 授業の内容について、エピソードを3つ取り上げさせていただきます。

 1つ目は、Speaking対策の講座の一つ、「Speaking Part2対策」。PlusOnePointではSpeakingの出題リストが入手できるのがかなりの魅力なのですが、スクリプトを作ってスピーチの内容を組み立てていくメソッドを教えられて練習したことで、自分のレベルがひとつ上がった感じがしました。なにより、本番で動揺することがなくなりました。

 2つ目は、Reading道場。これは、4週間にわたって過去問を1週あたり4パッセージ(当時)、事前に解いて授業に臨みます。講義前に、Hibiki先生が問題を解いている動画をみて復習するのですが、これがものすごく参考になりました。先生がどんなプロセスで問題をといているのか、どこに注目しているのかがわかり、注目するべきポイントが体得できたのが大きかったです。Reading道場でスコアが安定してくると、読むべきポイントは聞くべきポイントとリンクしているので、Listeningもスコアが安定してきました。先生方がよくおっしゃっていた、「Listening とReadingはセットだ」の意味がようやくわかってきたのを覚えています。

 3つ目は、年末年始4日間のWriting授業。年末に4回目(4連続)のOA6.5を出してしまい、Hibiki先生に「やるかやらないかだ」とはっぱをかけてもらい、腹をくくった私に手を差し伸べてくださいました。年末年始にも関わらず、4日連続で特別にライティングの講座を開講してくださり、集中的に授業を受けさせていただくことができました。このFlexibilityが、PlusOnePointの良さの一つだと思います。ライティング講座の一つ、「Writing Preparation講座」では、アイディアとBodyの流れに着目して授業が進むので、Bodyの流れを作るのが苦手な私にはとても学びが大きかったです。授業の中で、Hibiki先生がアイディアとBodyの流れを上手に誘導してくださったときに、「いい流れとアイディアだとWritingはこんなにも書きやすいのか!」と驚いたのを覚えています。日本語は、英語と比較すると論理の流れがあいまいな言語ですし、そもそもディベートも慣れていません。英語圏の人たちと比較するとかなりハンデがあるなかで、論理的な文章や論理的な流れというものを学ぶことができて、仕事にも役立っていると感じています。

 孤独な勉強の中でも、講師の皆様、そして一緒に勉強してきた(Onlineではありますが)同志のような方々にも励ましのコメントをいただくことができて、最後に奇跡的なスコアで卒業することができました。Each7なんて・・・二度見してしまいました。

 自分は元々土壇場には強いと自負しておりましたが、今回は本当に苦しかったです。途中で、自信を失いかけていたので、このPlusOnePoint道場を晴れて目標点で卒業できることを本当にうれしく、またこれからの長い道のりも、これだけ苦しい時期を乗り越えられたから、これからも信じる道を行けば大丈夫と思えるようになりました。

 自分の自信を取り戻せたことが、私にとっては最大の収穫であり、PlusOnePointの先生方には感謝しかありません。ありがとうございました!





S.O様

Overall 8.0+全科目7.0以上達成!!
受講前:L 7.5 R 9.0 W 6.0 S 7.0
受講後:L 8.5 R 9.0 W 7.0 S 7.0

SO_IELTS_result

※画像をクリックすると拡大します。

 「Overall 7.5 / 各科目 6.5以上」を目標スコアとしていましたが、Writing 6.0の壁が超えられず、苦慮していました。また、仕事でインドに住んでいたため、オンラインで学べる効果的なWriting講座を探しており、なおかつインドからの時差があるなかで柔軟に講座時間を選べるようなスクールを探していました。そのような状況の中、最適なスクールとして出会ったのがPlusOnePonitでした。

 Writing 6.0の壁を超えるべく、Writing講座を集中的に受講しました。その結果、「ライティングチャレンジ」2回と「実践!10分間プランニング」1回の計3回の受講で、Writing 7.0のスコアを取ることができました。それぞれの受講で得た指導とアドバイスを忠実に試験で表現した結果、予定していたよりも早い期間で目標スコアに到達することができました。

 これらWriting講座は、一回一回の講座の内容がとても濃かったので、一回の中でも非常に多くのことを学べました。特に、Skypeで他の3-4人の方との集団授業となるため、自らの回答に関する指導のみならず、他の方の改善点も学べるため、一回の授業が3回分くらいの学びの量があるように思いました。また、他の方のエッセイをレビューする観点で質問なども求められるので、ただ書いて添削してもらうだけでは得られないような気付きも、得ることができました。

 ライティングチャレンジでは、TR/CCに徹底的にFocusして、大筋の、「そもそも論理的な文章が書けているか」を深く掘り下げてくれるのが魅力的だと思います。この講座を通して、私のエッセイが、いかにTR/CCに全く適切に答えられていない文章かを、納得して理解することができました。そして、どうすればTR/CCに答えた文章になるかを、様々な例やパターンを示して指導してもらえるので、即戦力的に力をつけることができたと感じます。

 また、実践!10分間プランニングも非常に効果的でした。これまで本番の試験で書き出しに悩んで時間を無駄にしてしまう傾向があったのですが、この講座で自分なりのエッセイの型を持って書くことができるようになり、エッセイの作成スピードが上がりました。また、SkypeでLiveで10分間計ってのトレーニングなので、本番さながらの意識で取り組むことができました。

 そして、講師陣の方々のクオリティの高さにも感銘を受けました。特にHibiki先生には数回ご指導頂きましたが、毎回とても論理的で本質を突いた指摘とアドバイスを下さるため、少ない回数でも十分かつ多様な気付きを得ることができたと思っています。常にハッキリと問題点を指摘して下さったのが、本当に効率的な学びにつながりました。

 以上、PlusOnePonitを選んで、まさに正解だったと思っています。本当にどうもありがとうございました!

K.M様

Overall 7.0+全科目6.5以上達成!!
受講前:L 5.5 R 5.5 W 5.5 S 5.5
受講後:L 6.5 R 7.5 W 7.0 S 6.5

KM_result_mosaic

※画像をクリックすると拡大します。

昨年7月から約8カ月お世話になり、Overall7.0、各6.5以上という目標を、やっと達成することができました。WritingとSpeakingを中心に100回以上授業を受けましたが、どれひとつとして無駄な授業はありませんでした。どの授業でも、学ぶことや、改めて気付かされることがたくさんありました。

特にWritingでは、いつも先生方が本当に熱心に指導してくださり、思いもよらなかった観点からアドバイスやフィードバックをしてくださったことで、IELTSの力だけではなく、論理的に物事を考える基礎力がつきました。これは、この先勉強をしていく上、社会で生きていく上で、かけがえのない財産になると思います。

また、授業後に送っていただける授業資料も、勉強していく上で大変な助けになりました。目標を達成する数か月前に、色々と考えすぎて頭がパニックになってしまい、Writingで何を書けばいいか全く分からなくなってしまったことがあったのですが、その時に全ての授業資料をもう一度見返すことにしたのが、自分の中での大きな変化に繋がったように思います。この資料には、自分のエッセイに対するフィードバックだけではなく、他の生徒のエッセイに対する指摘や、授業中に出た質問やその返答等も記録されています。それらを参照し、他の方のエッセイから使える表現をピックアップしたり、高得点を獲得しているエッセイの特徴をおさらいすることで、先生方がいつもおっしゃっていることが何なのか、改めてしっかり把握することができたように思います。

このように、PlusOnePointさんは、授業中だけではなく、自分で復習や勉強ができるようにも気を配ってくれたり、授業とのスケジュールが合わない時は、開講リクエストも柔軟に対応してくださいます。これは、先生方が常に「どうしたら生徒はより勉強しやすくなるだろう」と考えてくださっているからだと思います。

沢山の先生方に指導をしていただきましたが、特に、Hibiki先生とMomo先生には大変お世話になりました。Hibiki先生は、厳しい指摘の後に必ずステップアップのためのアドバイスをくださって、次の道を示してくれる、絶対に生徒を突き放さない先生でした。Momo先生はいつも優しく、文章全体からこちらの意図を汲んで、その上でアドバイスをくださる先生で、授業を受けるといつもほっとしました。Mika先生には最初のカウンセリングからずっと話を聞いていただきました。2月に私のスコアが伸び悩んでいた時に、「私たちはかおりさんを信じていますよ」と言ってくださったことが、大きな勇気になりました。Rie先生、Alisa先生にはスピーキングでお世話になり、楽しく、そして丁寧にご指導いただきました。その他の先生方にも、ここには全て書きつくせないくらい、本当に感謝しています。

どの先生も、熱く、そして生徒の声にしっかりと耳を傾けて、要望があればすぐに対応してくださるような方ばかりでした。IELTSの勉強中は私生活でも色々あり、何度も「もう無理なんじゃないか」と思いました。そんな中でも諦めないでいられたのは、先生方がいつも明確な次のステップを示してくださることで、「まだやれる」という確信が持てたからです。

大学院への入学が決まり、ここからが本当の戦いになると思いますが、今回こうして大きな壁を乗り越えられたことが、私の中で強い自信になりました。途中は何度もくじけそうになったIELTSですが、今はこの経験に感謝しています。これも、私を支えて応援してくださった先生方のお陰です。本当にありがとうございました!

M.K様

Overall 6.0達成!!
受講前:L 4.5 R 5.0 W 4.5 S 4.5
受講後:L 6.0 R 6.0 W 5.5 S 6.0

※画像をクリックすると拡大します。

私は、現在高校3年生で、海外大学を目指すにあたり、初めてIELTSを知りました。田舎ということもあり、様々な塾を当たってもIELTS対策をしてもらえる所はなく、正直困っていました。IELTSの独学もまた、とても難しいと感じていたので、フィリピンへ語学留学を夏休みの合間を縫って2週間だけ行きました。しかし、英語でIELTSを教わることにやっと慣れてきた時に2週間のタイムリミットが来たような感覚でした。高校の勉強もしながらIELTSの勉強をするのは無理なのではと諦めかけていた時、プラスワンポイントを知りました。

プラスワンポイントでの授業は、どれも理にかなった方法で行われています。私のようなIELTS初心者のどんな質問も丁寧に答えてくれるし、苦手や自分の癖を見つけ、先生方はその克服の仕方を一緒になって考えてくださいました。自分の課題点を含め、生徒の状況を先生方が共有していたので、どの先生の授業を受けても、小さな成長を褒めてくださって、次の課題点を伝えてくれました。

また、授業中、生徒が理解できるまで説明をしてくれる先生達を何度もみました。先生方もIELTSを勉強する上での壁をよくご存知なので、不安や焦る気持ちで孤独を感じることはありませんでした。独りで勉強していた時は、見たこともない高い山を登っていく感覚でしたが、プラスワンポイントを知ってから、いつの間にか安全性の高いグッズを手に入れ、正確な知識を持ち、その山を登っていました。

もうひとつ、プラスワンポイントの授業は変化を恐れないものだったと感じました。「こんな授業ができたらな」と思っていた矢先、それを内容とする授業が新設されたりと、常に「もっと良く」を追求している様子が伝わりました。

IELTSのどのパートも私ひとりでは手が付けられなかったと思います。問題の取っ掛かり方、タイムマネージメントや、6.0を取りたい人への細かいアドバイスがとても助けになりました。特にライティングは、小論文のように読み手を納得させようとアイデアを考えたり、課題文を正確に理解することが意外と出来ていないと気がついたり、目からウロコな授業でした笑

最終的に、プラスワンポイントの授業を受けて約3ヶ月で、4.5→6.0へスコアアップしました。目標スコアの6.0が、目標とした期限までに取れて、海外大学へ合格することができました。本当に感謝しています。海外大学を目指す友人も同様に孤独を感じていたので、プラスワンポイントで1歩ずつ取り組むことを勧めました。





K.M様

Overall 7.0+全科目6.5以上達成!!
受講前:L 7.5 R 7.5 W 6.0 S 6.0
受講後:L 9.0 R 7.5 W 6.5 S 6.5

KM_IELTS_result

※画像をクリックすると拡大します。

リスニング・リーディングは独学で目標スコアに到達できたのですが、ライティングとスピーキングが伸び悩み、プラスワンポイントの門戸を叩きました。1年近くに渡りプラスワンポイントのライティング講座中心に取らせて頂き、ついに目標スコアを取得できました。先生方には本当に感謝しています。

ライティングは独学でスコアを伸ばすのは不可能だったと、授業を取る中で痛感しています。英語を自分で客観的に評価することが難しいだけでなく、採点項目の一つであるタスクレスポンスという概念を日本人が自力で感じ取れるようになるのは大変難しいです。Hibiki先生やMika先生、Momo先生はタスクレスポンスを見抜く力がずば抜けており、最初は指摘されたポイントを理解することが大変でしたが、授業回数を積み重ねて行く中で、「タスクレスポンスが外れている」かを感じ取れるようになりました。タスクレスポンスで7レベルを目指すために必要な事を理解できたのは大きな財産だと思います。

私の場合、ライティングのスコアを伸ばすのに大変長い時間がかかり、途中諦めそうになることもありました。しかし、同じ時期に受講されていた方が卒業されていったという話を聞き、奮起して最後まで諦めずに挑戦し続けたからこそ目標スコアを達成できたと思います。長期間の勉強は心が折れそうになりますが、プラスワンポイントの先生方と仲間たちが支えてくれます。

最後に、プラスワンポイントの先生方には大変お世話になりました。ライティング7.0を新たな目標にまだまだ頑張っていきたいと思います。

A.N様

全科目6.0以上達成!!
受講前:L 5.5 R 5.5 W 6.0 S 5.5
受講後:L 6.0 R 6.0 W 6.5 S 6.0

AN_IELTS_result

※画像をクリックすると拡大します。

私は昨年12月、大学院入学申請にIELTSのスコアが急遽必要になり、PlusOnePointにお世話になることを決めました。受けることが出来るIELTSの試験は2回で、勉強出来るのはたったの26日間。どうしたら目標スコアが獲得出来るかも分からず途方に暮れていました。IELTSの試験は今回が初めてではなく1年半前に受験経験があったのですが、その時はインターネットで様々なIELTS関連のサイトを参考にしたり他のIELTS対策コースを受けました。しかしどれも値段が高い割に具体的な対策法を教授してくれる所はありませんでした。

そんな中、PlusOnePointの講義を始めて受けた時に驚きました。それはIELTS対策が今まで他で受けていたものと全く違い、とても具体的で分かりやすかったのです。自分に何が足りないのか、何をすればスコアが上がるのかを、とても明確に提示して下さいました。教えて頂いたことを素直に実行すればするほど、自信を持って講義に参加したり、本番の試験に臨むことが出来るようになりました。特にライティングの試験当日は、とても冷静に自分が書いていることを客観的に確認しながら進めることが出来たと思います。

スピーキングの試験は1回目は芳しくない結果だったのですが、2回目までに自分が何が出来ていなかったのか、どういう気持ちで臨むべきかなどを沢山の先生が助言して下さり、2回目で目標スコアを達成することが出来ました。

私はIELTSの目標スコアを26日で達成しました。それは一重にPlusOnePointでのご指導のおかげだと思っています。今まで受けたどのIELTS対策コースよりも良かったと思いますし、私の友達にも自信を持って紹介しています。日本人にとっては最短でスコア獲得ができる近道だと思います。是非沢山の人が今後PlusOnePointで勉強してみて欲しいと思います。





A.N様

Overall 7.0+全科目6.0以上達成!!
受講前:L 7.0 R 7.0 W 5.5 S 6.0
受講後:L 7.0 R 6.0 W 6.0 S 8.0

NA_result_mosaic

※画像をクリックすると拡大します。

■一か月間の受講の成果
入校時はOverall 6.5でしたが、受講期間の一か月でOA 7.0まで上がりました。また、スピーキングに関しましては2週間で、6.0から8.0まで2.0スコアを上げる事ができました。4月8日のテストで、大学院進学必要スコアのOverall 7.0+各科目6.0以上を達成することが出来ました。

■PlusOnePointの魅力
PlusOnePointと他の大手IELTS機関を受講しました。その二つを比べてみると、PlusOnePointを受講して良かったなと感じた点は大きく2つあります。1つ目には、日本語+日本人目線でIELTS指導をしていただける事です。私が特にお世話なったのは、ライティングのタスク2です。ライティングの授業では、日本人が主に苦手とするTask ResponseとCoherence/Cohesionに特化した指導をしていただけました。他機関ではネイティブからの指導を受けましたが、もちろん英語で添削が返ってきます。その為、細かなニュアンスの違いなどで、添削内容自体が100%理解が出来ない事もありました(因みにリーディングのスコアは7.0を数回取りました)。しかし、PlusOnePointでは、全て日本語でフィードバックをいただけるので、より正確に理解ができます。そのおかげもあり、一か月でライティングを0.5上げる要因になりました。個人的な見解ですが、ライティングは適切なフィードバックなしでスコアを伸ばす事は非常に難しい科目です。また、ライティングは明瞭かつ論理的な文章が高いスコアに繋がります。もし、語数を埋める為のテクニックなどでスコア6.0以上を取ろうとしている人は、早めに考えを改めた方が良いです。2つ目には、比較的安価で、時間を選ばずに授業を受けられる事です。授業一回につき、約3,000円とお得です。また、早朝から深夜まで開講されているので忙しくてお時間がない方でも受講できます。お仕事をされている方は、土日の授業をメインに受講できますし、学生の方であれば、平日の授業空き時間などでも受講できます。加えて、一般的な市場の値段よりも安く公式問題集を買う事も出来ます。

■PlusOnePoint講師の方々へ
この結果は、PlusOnePoint講師の方々の手厚いご支援があったから、達成できたスコアだと思います。講師の方々に感謝を申し上げます。私の一番の課題であったライティング指導をしていただいたHibikiさんとMomoさんには特にお世話になりました。また、IELTS全般を見ていただいたMikaさん、スピーキングを見ていただいたRiekoさん、リス二ングを見ていただいたRieさん、本当にありがとうございました。

■IELTS勉強中の方へ
勉強お疲れ様です。IELTSはスコアを0.5上げる為に、3か月もかかると言われています。私の知りうる世界の英語テスト中で、最も難しいテストの一つです(英検、TOEFL、TOEICなどの受験経験があります)。焦らず気長に勉強を進めて行ってください。ただ、個人の努力によっては、3か月で1.0ぐらいを上げるのも不可能ではないと思います。それは受験者次第です。また、IELTSは受験者の調子や当日の問題(トピック)、試験官との相性などで大きくスコアが変動しがちです。特に、アウトプット系(ライティング・スピーキング)の2つは、スコアのブレが大きい科目ですので、スコアが落ちても気にしない方がいいです。気楽にテストに望む姿勢を持ってください。スコア向上の為には、アウトプット系(ライティング・スピーキング)の2つをPlusOnePointの講師陣に都度採点をしてもらい、改善点を素直に受け入れて、IELTSの採点方法に沿った勉強をするのが、一番の近い道だと思います(ただ英語を勉強するだけでは、スコアはほとんど伸びません)。それでは、目標に向けて頑張ってくださいね。諦めなければ、良い結果は必ず出ます!!

S.H様

Overall 7.0以上達成!!
受講前:L 5.5 R 7.0 W 6.0 S 5.0
受講後:L 6.0 R 8.0 W 6.0 S 7.0

SH_result_mosaic

※画像をクリックすると拡大します。

 私は、Overall7.0(各科目6.0以上)を達成すべくPlusOnePointに入会しました。特に、スピーキングがなかなか伸びずOverallを引っ張っていましたが、講師の方々からいただいたアドバイスをこなしていくことで入会してから6ヶ月後にスピーキング7.0(3回目)を達成できました。

また、リーディングの講座(リーディング道場)を3ヶ月間受講しアイエルツの形式に慣れ、PlusOnePoint独自の解法をマスターすることで、本番の試験で8分ほど時間が余る状態まで伸ばせました。

ライティング、リスニングが6.0とイマイチな結果に終わってしまったものの、わずか3回の受験で目標スコアを達成できたのはPlusOnePointの講師陣と極限まで効率性を追求しつくされた教材のおかげです。

私は未だに海外旅行すら行ったことのない純ドメで英語を勉強し始めたのも中学1年生からでした。高校受験、大学受験と英語に関しては周囲に多数いた帰国子女の友人たちに負けないようにと人一倍勉強してたつもりでしたが彼等には遠く及ばず、一つ壁を超えては、次の壁にぶつかりの繰り返しでした。大学入学後も、自分が中高6年間積み上げてきた英語力が僅か1年ほどの語学学校組とTOEFL ITP(大学入学次のクラス分けに使用:560点)のスコアがさして変わらないことを知り絶望し、もっと出来るようになりたいと思いさらに上を目指し限られた時間の中で少しずつ積み上げていき今回のスコアを達成しました。皆さんも、なかなかスコアが上がらず投げ出したくなる時があるかもしれませんが努力していれば必ずチャンスを掴めます。

最後に、Hibiki先生、Mika先生をはじめPlusOnePointの講師陣方々本当にありがとうございました!これからも、IELTSの最終目標Overall8.5(各科目8.0)、さらにはその先に向けて精進してまいります。